【2019】台風9号の進路と九州への影響は?電車や新幹線は大丈夫?

気になること

夏休みに入って天気のいい日が続いていましたが、ここにきて突然の台風ラッシュ!今朝もニュースでは、本日2019年8月6日(火)に台風8号が宮崎県に上陸したと報道されました。

そんなニュースもつかの間に、既に台風9号と台風10号も発生中!ドンドンやってきますね(笑い事じゃないのですが…)。

台風9号の進路はどこへ行くの?九州への影響は?新幹線や電車は止まらない?!気になるポイントを調査してみました。

スポンサーリンク

台風9号の進路と九州への影響は?

2019年も既に台風9号が発生!その名前レキマー(LEKIMA)。毎回思いますが台風の名前って不思議ですよね(^^;)そんな台風9号の進路ですが、現在沖縄に向かって進路を進めています。

台風8号はそれほど大きくありませんが、台風9号はリアルタイムで予報円がどんどん大きくなっています。週末の金曜日から土曜日にかけては西側に進路をとり、恐らく台湾方面に上陸すると予測されています。

ただ、台風というものは気まぐれですので、もちろん突然進路を変えることもあります。東側に進路が進めば一転して日本へと近づき、九州へと上陸する可能性も出てきますので注意が必要ですね。

台風10号によって台風9号が進路変更する可能性がある

台風9号の進路が東にそれるかどうかは、台風10号にかかっていると言っても過言ではありません。台風9号の東側に新たな熱帯低気圧が発生し、この低気圧は1日以内に台風10号へと発達する見込みなんです。

そして、台風10号は色々なコンピューター計算で進路の予測がされていますが、やはり様々なコースを選択しとして用意されています。この台風10号のコースによっては、台風9号が九州地方へ向かうということも十分あり得るのです。

台風9号が九州地方に進路を変えた新幹線は動く?

台風9号が進路を変えた場合、気になってくるのは九州への影響ですよね

九州地方はローカル線が多いため、新幹線は速く移動できる手段の一つ。このため新幹線が打撃を受けてしまうと移動にものすごく時間がかかってしまいます。

また、山々が多い為に通行止めによって車での移動が難しくなったケースなどにも、新幹線の選択肢は必要になってきます。

台風9号はとても大きいので九州地方に上陸した場合は、新幹線への影響も考えられます。運休になったり遅れが出たりと本数が減ったりといったケースが出てくるかもしてません。よって、最新進路に注意する必要がありそうです。

ローカル電車は電車は動く?

九州地方は基本的に車移動の方がメインとはなっていますが、まだまだ電車の移動手段がメインの方ももちろんいらっしゃると思います。

そんな方は台風9号が九州方面に逸れて、電車が動くかすごく気になりますよね。ただでさえローカル線は本数が少ないので、それが更に少なくなったり、運休になってしまっては移動手段がなくなってしまいます。

今のところ、台風9号は西の方向に向かっていますが、東の方向に進路を変えて九州へ上陸した場合は、やはり在来線にも影響が出てくると考えられます。

規模が非常に大きい台風なので、広範囲に雨や風などが及ぶ場合も想定され、田舎を走る九州のローカル線は運休や本数が減るなど何かしらの影響が出てくる可能性もあります。

週末に予定を控えている方は最新情報で台風9号の最新進路をぜひチェックしておきましょう!

スポンサーリンク

2016年の台風9号では死者も

2016年に発生した台風9号(ミンドゥル)は、関東に上陸したのち北海道にも上陸した非常に大きな台風。神奈川県相模原市の国道で自転車に乗っていた58歳の女性が台風9号による大雨の濁流にり死亡するなど、計2名もの死者を出す大災害に。

どうか今回の台風9号が甚大な被害を出さないよう、心から願っています。

スポンサーリンク

2019年の台風9号まとめ

現在では西にそれて中国大陸方面に上陸すると報道されている台風9号。

どうかこのまま、進路予想図通りに進み、九州へ上陸しないことを願いながら最新情報をチェックしていきたいと思います!

コメント

タイトルとURLをコピーしました