2歳差の寝かしつけにイライラが止まらない!そんな時に私が試した対処法

出産・子育て

「眠そうな下の子を早く寝かせてあげたいのに、上の子が邪魔する」

「2人揃って寝室に行っても遊んでなかなか寝てくれない」

こんにちは、現在2歳半の長女と9カ月の長男を育児中のかなママです。今でこそ2歳育児にも慣れてきましたが、本当に最初の数ヶ月は大変毎日地獄の日々でした。

特に大変だったのか、姉弟揃っての寝かしつけ。旦那は定時に帰れることが少なく、基本的に夜の寝かしつけは私のワンオペになります。なので、姉弟別々に寝かせることは不可能。

なかなか2人共寝てくれなくて、ついイライラして怒ってしまった事も何回もありました…そしてその度に後悔して自分を責めてはの繰り返し。でも、色々な対処法を講じてみて今では2人共ちゃんと寝てくれるようになっています

そこで、今回の記事では2歳差の寝かしつけでイライラしてしまう時の対処法をご紹介します♪寝かしつけ問題をクリアーにして、ママ一人の時間をきちんと作っていきましょう。

スポンサーリンク

2歳差の寝かしつけは、なぜイライラしてしまうの?

子供1人の寝かしつけでも大変なのに、2人同時にとなるともう地獄ですよね。寝顔は天使なのに寝かせる時は悪魔に見える(笑)それが2歳差育児の寝かしつけかなぁと個人的には思っています。

自分の意思で子供を産んだんだから、責任持ってイライラせずにちゃんと子供を向き合えという方もいるかもしれませんが、なかなかそれも難しいなぁと現実を見ることにしました。私自身2人目を産む前までは「姉弟できるの楽しみだなぁ」とウキウキワクワクしていましたが、実際産んでみたらそんなきれい事ばかりは言ってられないんですよね。

ワンオペで夕食を離乳食+大人用夕食+幼児用夕食を用意して一人で二人の子供にご飯をあげながら自分のご飯を犬食いし、お風呂だって自分含めて全部で三人分のシャワーをやって、もう疲れはMAXって時に寝かしつけ地獄のスタート。

で、私は具体的にどんな事にイライラしていたか、ご紹介しますね♪

2歳差の寝かしつけにイライラする理由①上の子が下の子が寝ようとするのを邪魔をする

通常月齢の低い赤ちゃんの方が夜早く寝ますよね。我が家もそうで長男は大体20時くらいに、2歳半の長女はだいたい9時半くらいに寝るのがいつものスケジュールです。

長男がまだ自分であまり動くことのできなかった寝返り期くらいまでは、お風呂に入った後先に長男をおんぶして食器を洗いながら先に寝かしつけをすることができていました。が、自分でハイハイをするようになってからはおんぶをこれでもかと嫌がるように「ンァーーーー!」とエビ反り。

なので、どうしても2人一緒に布団に連れてかなければいけなくなりました。

そうすると、下の子はもう眠いのに、上の子がちょっかいを出して攻撃したり、歌を大きな声で歌ったりと、とにかくこれでもかというほど邪魔をしてきます。そして眠い下の子が愚図りだして、私までイライラってことが我が家では日常茶飯事でした。

2歳差の寝かしつけにイライラする理由②二人で一緒に遊びだす

下の子の体力がついてくると、今度は下の子の就寝時間も遅くなってきます。そして、下の子の寝かしつけがどんどん困難に。

具体的に言うと

新生児~寝返り期→部屋を暗くするだけで勝手に寝る
寝返り期~ハイハイ期→背中をトントンすれば寝てくれる
ハイハイ期~現在→背中をトントンしようと逃げる。抱っこもおんぶもイヤー。寝室中をはい回ったりたっちして窓を伝い歩きしたり兎に角電池(体力)切れまでひたすら消耗する

といったような感じです。

そして生後9ヶ月になった現在は、絵本を読み終わると姉とのコミュニケーションタイムだと思っているのか、ひたすら二人でキャーキャーして遊ぶ…という日常。
「姉弟一緒に遊ぶなんてなんて微笑ましい♡フフフ」なんて思えるのは最初だけ。来る日も来る日も寝ない寝ない!背中をトントンしようとしても逃げる、姉は寝室中を歩き回りそれを弟がハイハイで追いかける、二人で窓の外を眺めて謎の会話をしている…などなど。

可愛いんですけどね…早く寝なさーい(怒)

2歳差の寝かしつけにイライラする理由③上の子優先にしてあげられない自分にイライラ

先に書いた2つの理由はどちらかというと子供にイライラした時のお話。けど、自分にイライラしてしまう事も私はよくありました。特に上手に上の子を優先してあげられない時です。

2歳差育児に限らず下に赤ちゃんが生まれた時には「とにかく上の子を徹底的に優先してあげる」と、保育士さんなり助産師さんなり検診で色々な方に言われますよね。けれども、現実的にそれが出来ないケースもどうしても出てくるんです。

寝かしつけをするときも同様で、もう言葉を話せるようになった上の子とゆっくり絵本タイムを楽しみたいのに下の子が私の髪の毛を引っ張ってきて中断してしまったり、寝る前にちょっとおもちゃで遊びたいと思っている上の子の気持ちもわかりながら寝る前の授乳をしなきゃいけなかったり。

ごめんね…と思いながら、二人寝かしつけ終えた後に長女の頭をナデナデしています。

スポンサーリンク

2歳差の寝かしつけにイライラした時に私が試した対処法

2歳差の寝かしつけにイライラした時の対処法①寝かしつけの時間を区切る

「寝かしつけに毎日2時間もかかる…もう体が限界」

なんて悩みを持つママを知恵袋などのQ&Aサイトでよく見かけますが、むしろ2時間も寝かしつけを頑張ってしているなんてどんだけ根性があるんだ!と私は思います。が、実際一人目の時、私も頑張ちゃってたんですよね。

今でこそぐっすり朝まで眠る長女が最も寝なかったのは生後半年前後くらいの時期。夜中に起きて数時間寝ない…というものでした。完全に昼夜逆転生活になってしまい、夜中に必死で何時間も寝かしつけ、身も心もボロボロ。抱っこひもを使ったり外に散歩に行ったり、とにかく必死で寝かせようとしていました。でもイライラするだけで、長女は明け方まで寝てくれない事が殆どでした。

なので今回下の子が生まれて寝かしつけに苦戦し始めた時、時間を区切って「ここまでは頑張る、でもそれ以上はやらない」というボーダーラインを決めてみました。

夜8時半くらいに一緒に寝室に連れて行き、しばらくお話をしたり歌ったりして(この間に長男は寝てしまう事が多い)「もう9時だから寝る時間だよ、また明日いっぱいお話しようね。おやすみなさい」と言って寝たふりをしてしまいます。最初は邪魔してきたりしましたが、徐々に「夜は寝る時間」という風に思ってくれるようになり、それ以降の時間は暴れることはなくなりました。そしてゴロゴロしながら、いつの間にか寝てくれるように。

2歳差の寝かしつけにイライラした時の対処法②二人とも楽しめる寝かしつけグッズを使う

「猫の手も借りたい!でも猫はいないし旦那も帰ってこない!」という事で、寝かしつけグッズにも頼ってみました。

私が使ってみたのは「おそらの絵本」という、スマホがプロジェクター代わりになって壁などに投影できる寝かしつけグッズです。出産した恵愛病院では、退院時に洋服やベビーグッズなどプレゼントを選んで沢山もらえるのですが、「そういえばおそらの絵本もらったな~」と思い出し使ってみる事にしました。

すると今まで寝室を歩き回っていた長女が、なんと!天井に放映された絵本を見るためにちゃんとゴロゴロしてくれるではありませんか!なんて神アイテムなんだ!と大興奮。お話が終わってもそのままゴロゴロして寝てくれる日が増えました。

ただ、長女があまりに気に入って毎日せがまれたので、最近では「おそらの絵本は毎週水曜日だよ~」と言って普通の絵本の読み聞かせと合わせて実践しています。

2歳差の寝かしつけにイライラした時の対処法③自分の時間は子供が寝た後ではなく【朝】に作る

私に最も効果的だったのは、自分の時間を夜子供が寝た後ではなく、夜は子供と一緒に寝落ちしてしまい早起きして朝に自分の時間を作るという方法です。

殆どのママが「子供が寝たら自分の時間…♡」なんて思っているかと思いますが、自分の時間が作れるのは夜に限ったことではありません。朝だって同じ時間は流れているので、朝に自分の時間を作るのも一つの手ですよ。

早い時は4時くらい、大体いつも5時過ぎくらいに起きて私はこのブログを書いたり一人の時間を楽しんでいます。今まで夜型人間でしたが、朝のシーンとしたこの時間がこんなに充実したものになるなんて思ってもみなくてむしろ子供に感謝!くらいの気持ちです。

スポンサーリンク

二歳差の寝かしつけを辛いと感じているママへ

私も早寝の習慣がつくまでは子供が寝たら自分の時間が欲しいと思っていたため、子供がなかなか寝ない=自分の時間がどんどん減っていくと考えて、ついつい子供にイライラしてしまうことがありました。

しかし、一緒に寝てしまって(もちろん、下の子が寝るまでは起きています)早く起きて自分の時間を朝に作ろうと考えた結果、子供が寝なくてもいいやと思えるようになり全然イライラしなくなりました。でも不思議なもので、親が寝てしまうと子供も案外早くねるんですよね(笑)

2歳差の寝かしつけでイライラして悩んでいるママの参考になれば幸いです☆

出産・子育て
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました