筆算の線には定規が必要?そのメリットと手書きを再提出させた教師の目的、学力への影響は?

出産・子育て

小学5年生の男の子が宿題に出された筆算の線を手書きで書いて提出したところ、定規を使用してのやり直しを要求された事が物議をかもしています。

小学校に上がって算数を勉強するにあたって、誰しもが必ず通る道である筆算

私が小学生の頃は定規なんて使わずに普通に手書きで書いていたのですが、確かに今思い返してみれば定規を使っていた友達もいたような気がします。几帳面な子などは綺麗にノートを取るのが好きってタイプが結構多いんですよね。

けれども、筆算の線に定規を使う必要ってあるのでしょうか?

別に手書きだって筆算は出来るので、あえて義務化はする必要がないと思うのですが…そこに何か目的があるんでしょうか?

今回の記事では筆算の線には定規が必要?そのメリットと手書きを再提出させた教師の目的、学力への影響は?と題して、気になる疑問を解消していきたいと思います!

スポンサーリンク

筆算の線は定規が必要?


結論から言えば筆算の線に定規は必要でありません。

みなさんご存じの通り、筆算の線は手書きでも書くことが出来ますよね。

私も先ほど書いたように幼い頃は手書きで筆算をしていましたち、めんどくさがり屋という事もありオールフリーハンドで宿題をこなしていました。

ただ、綺麗に書くには定規というツールを使う必要性が出てきます。

フリーハンドで書くとぐにゃぐにゃ~としてしまい、せっかく一生懸命計算した筆算があれ?数字と線が重なったりして2か3かどっちかわからない…なんてことも。

手書きはラクだし手間もかかりませんが、美しいノートを作ったり筆算の線に定規を使う事にも一理ありそうですよね。

最近では小学校で教師が指導する際に、筆算の線は定規で書くように教えるケースも増えてきていると言います。

筆算の線に定規を使うメリットはどんな点でしょうか?

スポンサーリンク

筆算の線に定規を使うメリットは?

筆算の線に定規を使うメリットは大きく分けて3つ。

  1. 計算ミスが減る
  2. 定規を使う練習になる
  3. 教師の指導を統一化できる

それでは順にみていきますね。

筆算の線に定規を使うメリット①計算ミスが減る

筆算の線に定規を使う最も大きなメリットは、計算ミスが減るという点にあります。

暗算とは異なり手順を多く踏んで計算する筆算は、線がずれると数時が読み取れなかったり位がずれたりして計算ミスが圧倒的に増えるとされています。

「綺麗に書けるから大丈夫!」と思っても、小学生の器用さには限界もあり、せっかく本来正しい計算が出来る学力を持ち合わせている子でもミスとなってしまい自信を失ってしまう可能性すらあると言えます。

筆算の線に定規を使うメリット②定規を使う練習になる

定規を使う練習になるというのも、筆算の線に定規を使うメリットの1つです。

小学校において定規を使って何かをする…という授業って、それほど多くないんですよね。

高学年になれば作図なども出てくるかもしれませんが、そもそも定規を使って横に一本線を引く器用さのない段階でいきなり三角形やグラフにチャレンジするのはかなり無謀だと言えます。

そこで、小学校低学年のうちから定規を使う事に慣れさせる、というのが筆算の線を定規で書く目的の一つとも言えます。

小学校に入っても大人ほどの手先の器用さは持ち合わせておらず、最初は線を引けても徐々に手の力が抜けて線がずれていく子供が多いそうなんですね。

定規を使って線を引くことにより、手の力手先の器用さが養われるといった一面もあるようです。

筆算の線に定規を使うメリット③教師の指導を統一化できる

学校の先生側からすると、指導の統一といった点で筆算の線に定規を使わせるメリットは大きいようです。

「手書きでも定規でもどちらでもよい」とすると、当然両方のやり方でやる生徒に分かれますよね。

定規を使う事がストレスになるから使いたくないという子もいれば、定規を使った方が綺麗に出来て計算ミスが減ると積極的に使用する子もいる。

そして実際に手書きの方が計算ミスが多い、という点を考慮すると正しく計算するという目的を果たすために定規を使用する方が推奨されるのが教育現場での考え方の様です。

「定規を使うとやりにくい」と定規を計算ミスの言い訳にする子は手書きでも間違えるケースが多いそうで、それならば正しく出来る可能性の高い方を選択すべきですよね。

筆算の線に定規を使うデメリットは?

一方、もちろん筆算の線に定規を使うデメリットも存在します。

  1. 計算が遅くなる
  2. 計算ミスが増える
  3. 親からのクレーム

といったところでしょうか。

定規はツールですので、綺麗な線を引くにはどうしても時間がかかってしまいます。そして、ノートが汚くなる分ミスも増えるのは当然のこと。

ただ、急いで計算しなければならない場面などであえて定規を使うかどうかは、ケースバイケースかなと個人的には思いますね。

定規を使わずとも正しく筆算出来る子だって、きっと沢山いるはずですから(^^*)

もちろん、定規を使わない事によって計算ミスをするのは自己責任という事も理解したうえで選択していかなければならないのは当然の事ですね。

今回の投稿したママは恐らく自分の子供が定規を使わなくても正しく計算できるのになぜダメなの??って思ったんでしょうね。

私もまだ娘が2歳なのでそういった問題は今のところ経験していませんが、多分同じ立場だったら疑問に思ってしまうと思います。(特に私の小学生時代は手書きでも全然OKだったので。)

スポンサーリンク

筆算の線を手書きした生徒に定規でのやり直しを要求した教師の目的は?

今回騒動の渦中となった担任の教師が筆算の線に定規を使わせた目的は

  1. 計算ミスが減る
  2. みんなにやらせている

と、さきほど書いた筆算の線に定規を使うメリットに当てはまるものでした。

なので160問全てやり直しにさせるという点に関しては疑問が残りますが、定規の使用についての指導という点ではそれほど批判される点はないかと個人的には思いますね。

スポンサーリンク

筆算の線を定規で書く事による学力への影響は?

個人的に気になったのは、筆算の線を定規で書くことによる学力への影響です。

この騒動の元記事には別の教師の見解として

「手書きより見直しがしやすく、面倒がらずにやる子の方が伸びる」

という子供の勉強に対する姿勢の変化に着目した意見がありました。

おお!なるほど、と思わず思いましたね。

とにかく素直に言われたことを学ぶ子の学力が伸びるというのは確かに理解できます。

因みに私はフリーハンドの手書き派でしたが偏差値は70以上ありました(当時はですけどね…。涙)

スポンサーリンク

筆算の線は定規派?手書き派?世間の声

最後に筆算の線は定規派or手書き派?世間の声を集めてみました。

筆算の線は定規派の意見

筆算の線は手書き派の意見

筆算の線は個人の個々に任せる派の意見

スポンサーリンク

筆算の線には定規が必要?そのメリットと手書きを再提出させた教師の目的、学力への影響は?まとめ

今回の騒動で思った事。

それは

「なぜそのような指導をするのか」

という点が教育の現場から保護者に伝わらない事だと思います。

まだ2歳の娘は勉強より遊びのお年頃ですが、私も一保護者として何か疑問に感じる点があれば教師の方に質問し、その意図をきちんと理解したうえで宿題の見守りなどをしていきたいな、と思います。

そうすれば「どうしてそうしなきゃいけないのか」を子供にもきちんと伝えられますしね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました