いたばし花火大会2019の開催概要&おすすめポイント

旅行・おでかけ

新元号令和に変わり初めての夏。
いたばし花火大会
は今年の開催で第60回目の大きな節目を迎えます。

節目の年ということで開催概要も例年と比べてとても豪華なものになっていますので是非チェックしてみましょう♡

スポンサーリンク

いたばし花火大会2019年の開催概要

2019年8月3日(土)
19:00開始 20:30終了予定
場所:板橋区 荒川河川敷

※荒天の場合は翌4日(日)に順延

スポンサーリンク

いたばし花火大会2019年のおすすめポイント

直径360メートルの大玉は、いたばし花火大会最大の魅力

例年いたばし花火大会で最も注目を集めるのは尺五寸の大玉。これは都内有数の大きな河川である荒川河川敷だからこそ打ち上げられることができる都内最大の花火なんです。

大きな花火玉は水上の船のところに設置されて、そこから上空へと打ち上げられます

通常毎年二発打ち上げのところですが、今回は令和初の開催とあり四発の打ち上げを予定されているそう!いつもの倍の数も打ち上げてくださるなんて、板橋区の本気度が伺える内容ですね。

長さ700mにも及ぶ名物のナイアガラの滝は圧巻

全長700メートルにも及ぶ関東最長のナイアガラの滝花火は見る人を魅了してやまないいたばし花火大会の名物の一つ。
この長さを、なかなか普通の花火大会の打ち上げ会場で加工しようとすると難しいと思いますが、これは荒川河川敷の広さだからこそ実現できること。

あたり一面が明るくなるほどのボリューム花火は1度見たらまた次の年にも見たくなる人が続出中!そんな名物花火をぜひ今年も見に行きたいですね。

みんなでカウントして盛り上げよう!尺玉6連発

そして、私の一番のおすすめポイントは、みんなでカウントする尺玉6連発

第60回目の開催にちなみ、尺玉の打ち上げは60発!なんと最後の六発はみんなでカウントして盛り上げるという粋なイベントを予定されているよう。ぜひ会場の一員となって、一緒に花火を盛り上げたいですね!

打ち上げの際のは、レーザー光線を使った演出もあるので、花火と光の幻想的な世界も楽しむことができます。

スポンサーリンク

有料指定席エリアは10種類、楽しみ方はエリアよって様々

いたばし花火大会には有料指定席エリアが存在します。その指定席エリアは河川敷の長い会場に沿って10種類もあり、その総数はなんと34000席!一番人気の有料エリアは打ち上げ場に最も近い競技場テーブル席でお値段は税込28,000円。購入単位は4枚1組で1人あたり、購入上限は1組までとなっています。

有料指定席はチケットぴあから購入が可能ですが2019年7月25日現在、その陸上競技場丸テーブル席は予定枚数をチケットぴあでは既に完売しているほどの人気ぶり。陸上競技場の外の席はまだ発売中のものもあり、残りわずかの有料エリアの席もありますので、是非花火をゆっくりと見たい方は早めの購入がおすすめです。

2019年7月31日追記:

有料指定席エリアは残りわずかとなっているようです!確保したい方は今すぐ公式サイトをチェックしてみてください。

無料エリアは大混雑!席取りするなら熱中症対策を忘れずに

そして、河原や土手などの無料エリアは大混雑します。早めに現地行って場所取りをす必要がありますが、夏の日差しはとても強烈です。花火の時にぐったりなんてことがないように、席取りの際には必ず熱中症対策を忘れずに。

スポンサーリンク

いたばし花火大会2020年の開催は5月23日(土)に決定

例年8月の頭に開催される、いたばし花火大会ですが、2020年は東京オリンピックおよびパラリンピック大会が開催予定のため、例年よりも前倒しの対応となっています。

2020年の開催は5月23日(土)に決定!
既に準備も始まっているそうです。

花火大会というと夏のイメージが強いですが、春でも楽しめる花火大会なんてとっても素敵ですね。来年の開催がとても楽しみです!

スポンサーリンク

いたばし花火大会の開催概要をまとめ

私は親族も皆板橋や練馬に住んでいるんで、いたばし花火大会は家族でみんな楽しみにしています。

そんな楽しみにしている人々のために、毎年本番数日前から花火大会の担当者の方が河原にてるてる坊主をつって晴れることをお祈りしていてくださっているそうです。ぜひ当日が晴れて美しい花火が見れますように祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました