母乳最強!おっぱいあげるだけで出産前体重へ?!

出産・子育て

現在2児のママをしている私ですが、一人目と二人目の授乳に関して共通している事があります。

それは下記の3つです。

  • 最初の数ヶ月はすぐおっぱいが張ってしまいシャワーのように母乳が出る
  • 離乳食が始まると徐々におっぱいが張らなくなる
  • 3回食に進むころには全く張らない状態になりミルク育児へ

私は全く母乳にこだわりはないので外出時はミルクを持っていくこともありましたが、むしろミルクの用意が大変だから手っ取り早くおっぱいをあげてしまえーと思ってしまうズボラなタイプです。

なので離乳食が2回食になるあたりまでは、「ほぼ完全母乳」ですごしてきました。そこで今日は母乳でどれくらい体重が戻ったかについてお伝えしたいと思います!

スポンサーリンク

母乳最大のメリット【何もしなくても痩せていく】

よく産後の特集などが雑誌で組まれたりすることがありますが、私は2人の出産で両方とも特別な事をする必要なく出産前の体重に戻りました。それどころか、出産前より体重は減っていたのです。

こんな感じで体重は減っていきました

具体的にどんな感じで減っていくかというと、二人目の長男出産時は、

  • 出産前:55.0㎏
  • 出産時:66.5㎏(出産前+11.5kg)
  • 出産直後:63.3㎏(出産前+8.3kg)
  • 産後1ヶ月:56.6㎏(出産前+1.6kg)(出産後-6.7kg)
  • 産後2か月:54.5㎏(出産前-0.5kg)(出産後-8.8kg)
  • 産後3ヶ月:52.2㎏(出産前-2.8kg)(出産後-11.1kg)

出産直後に赤ちゃんの体重くらいしか体重が減らないのは一人目も二人目も同じでしたが、その後3ヶ月間をピークに体重が減少していくのも全く同じでした。

もともと決してやせ型体重ではない私ですが上記でもわかるように、産後役1ヶ月半で体重は元通り、3か月後には結婚当初の体重に(笑)では、いったいどんな生活をしていたのでしょうか?

完全母乳はとにかく常にお腹がすく

長男が生後8ヶ月になった現在はミルクとの混合育児になりましたが、出産後数ヶ月は完全母乳だった私。

新生児の時期は夜中を含めて1.5時間~3時間おきの授乳が必須なので、とにかくいつでもお腹がすいていました。

そのため、夜中におにぎりやアメリカンドッグを食べたり、もちろんお菓子やアイスもほぼ毎日バクバクと食べ、食事に関してもご飯は基本おかわり、おかずに関しても旦那より多く食べる、という普通の状態ならデブまっしぐらの食べっぷりでした。

一方長男は出生時3436g→1ヶ月検診4917g→4ヶ月検診8176gとものすごいスピードで体重増加。3ヶ月で倍の大きさってすごいですよね!それくらい吸い取られているんだなーと実感しました。

スポンサーリンク

それでも何かしらの対策が実は必要

こんな感じで出産前体重にすぐ戻った私ですが、それでもやっぱり産後に運動は必要だと最近は実感しています。少し長くなってしまったので、そのお話は次回に!

出産・子育て
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました