2歳のお手伝いは料理がおすすめ?一緒に出来る簡単調理ベスト3

出産・子育て

料理をはじめとした家事をしていると、「私も一緒にやりたい!!!」
と駆け寄ってくる娘。

みなさんのお家の2歳児さんは、料理のお手伝いしたがりませんか?特に女の子。
何気ない色々な道具や作業が子供の目にはきっと楽しそうに見えるんだろうなと思います。

スポンサーリンク

突然やってくる2歳児のお手伝いブーム!

本当に家事を手伝って欲しい年齢になるとしてくれないのが子供というものなんでしょうが、今この2歳の時のお手伝いブームも大切にしてあげたい。

そこで、我が家では料理をする時にこんなお手伝いを娘におねがいしていますよーというのをいくつかご紹介したいと思います♪

2歳児のお手伝い【料理編】その1:葉物ちぎり

一番簡単でおすすめなのは、レタスやキャベツなどの葉物野菜をちぎるお手伝い。2歳レベルの手先の器用さでも、十分に無理なくちぎることが出来ます。

難易度を上げるとすれば、モロヘイヤの葉を茎からちぎるお手伝いなども良いですね。新聞紙やティッシュペーパーを破くのと同じ感覚で、夢中になって取り組んでくれます。手先の器用さだけでなく、集中力もつきますよ。

2歳半の娘も、
「手を洗ってきて、これ小さくちぎってね☆」
とお願いすると、ダダダーと洗面所に行ききちんと手を洗い、着席しておとなしくちぎってくれます。

といってもぐちゃぐちゃになってしまうことも多いので、そんな時はそのままスープにするのがおすすめ♪火を通して柔らかく煮れば子供も食べやすく「○○ちゃんがちぎってくれたお野菜で作ったんだよ~おいしいな!」と言えば、野菜嫌いの子でも食べてくれるかも?!

2歳児のお手伝い【料理編】その2:皮むき

「お野菜の皮の中はどんな風になってるかな~?皮をむいてみよう!」
と子供に声掛け。お手伝い欲が満たされるだけでなく、食材の形や中身を学べる食育も兼ねられちゃうんです。

夏場だと特におすすめな食材は「トウモロコシ」。子供は甘ーいトウモロコシが大好きですし、皮をむけば弾けそうなつぶつぶの身にもしゃもしゃしたヒゲが出てくるので「キャー!」と子供は大興奮。

皮をむいてもらったらそのまま茹でるだけで立派な一品(?)になるので、我が家ではお手伝いをお願いすることが非常に多いです(笑)

難易度をあげるならば玉ねぎ。トウモロコシよりも皮がぴったりくっついているので、最初は苦戦する子も多いかも。ただ、慣れれば出来るので出来た時には達成感があると思います!目をこすらないようにだけ要注意ですが。

2歳児のお手伝い【料理編】その3:まぜまぜ

和え物を副菜に作ることって多いですよね。

そんな時は、最後の【混ぜる】という工程だけ、2歳児さんにおまかせしてみてはいかがでしょうか?

つまみ食いしてしまったりする事も多いので、うっかり目を離して食べられちゃった!なんて事がないようにしたいものです。

我が家ではあえて苦手そうな食材を使用しているときにお願いする確率が高いです。なぜなら子供が「どんな味なんだろう?」と食べてみる事が多いので、食わず嫌い対策にもなっちゃうんです。(意外に美味しいと思えばそのまま食べてくれる)

2歳児のお手伝いその4:バナナカット

最後はバナナカット

2歳だと子供包丁はまだ少し早いかなーという時に、テーブルナイフでもバナナなら簡単に切ることが出来ちゃうんです。もちろん、皮むきもおねがいして。

自分で切ったバナナに自分でヨーグルトをかければ、栄養満点おやつ「バナナヨーグルト」の完成です♪

うちの長女はこのお手伝いが大好きです(^^*)

スポンサーリンク

2歳のお手伝いは料理がおすすめ☆まとめ

いかがでしたでしょうか?是非、お料理をする際余裕があれば、お手伝いをお願いすると楽しいかもですよー♪

出産・子育て
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました