子供の食育にシェア畑がおすすめ!丸かじりOK無農薬野菜が作れて無料見学も!

野菜嫌いや偏食の子供の食育に最良なシェア畑では、無農薬栽培で安心して子供に食べさせられる野菜が作れるとファミリー層に大評判。WEBから無料見学の予約も可能です!

【公式サイト】シェア畑の詳細をチェック>>>

「偏食がひどく野菜をなかなか食べてくれない…」
「野菜を食べないせいかはわからないけど、よく体調を崩すな、うちの子は…」
「子供が食べ物で遊んでなかなか食べてくれず栄養面が心配…」

そこのママさん、お子さんの野菜嫌いや偏食にお悩みではないでしょうか?

「必ず食べるようになるから大丈夫!」

と、知り合いに言われたりネットでの情報を信じていませんか?

確かに、幼児期に偏食だった子が大きくなるにつれて段々と好き嫌いがなくなり、何でも食べるようになる事はよくある事です。けれども、人間の味覚はおおよそ3才までに出来上がるというのは、ご存知でしょうか?

3才くらいまでならばフォローアップミルクを飲ませれば、確かに栄養面では心配する事はありません。ただ「食への興味」という事を考えた場合はどうでしょう?

好き嫌いのない子は、食感や色、苦みや甘み、形状など様々な事を考えながら「食」という事に対して毎日向き合う事が出来るでしょう。一方、白くて甘いミルクといつも同じものばかりを見ていると、感性や脳の発達という点から見ても少し不安になりますよね。

一方で、子供の食育にとって一番大切な事は「家族で楽しく食卓を囲む事」であり、決して好き嫌いのない子に育てる事ではありません。

私にも当然好き嫌いはありますし(わさび、いんげんなど)、だから娘にも好き嫌いはあって当然と考えています。

そして今まで何でも食べる黄金期を過ごしてきた娘も、1歳を過ぎたあたりから好き嫌いが始まりました。一生懸命作った料理を残され、悲しい毎日。色々工夫して何とか栄養を取ってもらいたいと手間をかければかけるほど、食べてくれなかった時の辛さやイライラが増していきました。

このままでは負の連鎖が始まってしまう…そう考えた私は「食」に対して別の側面からとらえてみようと決めました。せっかく脳も体もぐんぐん成長する時期、楽しく子供と食について一緒に学ぶのはどうだろう?と。そこで私が見つけたのは「シェア畑」という、貸し農園です。私は娘と一緒に野菜を育ててまずは興味を持ってもらおうと思いました。

スポンサーリンク

子供の食育に最適な「シェア畑」

シェア畑とは一言でいえば「畑を借りて野菜作りを楽しむ畑のレンタルサービス」です。東京など自分の家に広い庭が持てないエリアを中心に展開され、ファミリー層の支持を得ています。

【公式サイト】シェア畑の詳細をチェック>>>

スポンサーリンク

シェア畑が子供の食育に最適だと言えるメリット3つ

無農薬なのでその場で子供がまるかじりもOK!採れたてを子供に食べさせてあげられる

シェア畑での野菜栽培は、無農薬。化学肥料を一切使わずに自然に野菜を育てるので、収穫しながら子供がその場で食べてももちろん安心&安全!

野菜だって「育む」という観点からみれば子供と同じ。自然のまま、無理強いせず、おもいっきり自由に成長した方が、より美味しい野菜になるのは当たり前ですよね。

残念ながら無農薬の野菜は恐らくスーパーには並んでいません。みなさんは、スーパーで曲がったきゅうりや変な形をした大根を見たことがありますか?ないですよね…。

なぜならば形の悪いものを好む消費者が少ないので、農家の方は頑張って農薬を使って虫をつけないようにしたり、添え木を使って無理やり真っすぐ育てているんです。

では、なぜシェア畑の野菜は無農薬で育てることができるのでしょうか?そのヒントは「有機質肥料」にあります。

有機質肥料とは、生物由来の成分(動物、植物、微生物など)で出来ているとっても環境に、そして私たちの体にも優しい栄養たっぷりの肥料なんです。

だから、シェア畑での作業中に子供が「おなかすいた~!」なんて騒ぎ始めたら、その場にある野菜を収穫して食べちゃえ☆なんて事も可能なんです。これも、無農薬だからこそ安心して出来る事。

「でも、無農薬栽培って難しそう…」そう思われる方も多いかと思いますし、私もそう思います。素人が無農薬栽培を行おうとすると、野菜が病気にやられてしまったり、虫に全部食べられてしまったり…と、恐らくトラブル続出でしっかり収穫までたどり着くのは難しいでしょう。

そんな心配をサポートしてくれるのが、シェア畑の「農家」「菜園アドバイザー」の存在です。

農家や菜園アドバイザーのサポート付きなので、親も一緒に学びながら栽培ができる

シェア畑 食育

いざ子供の食育にレンタル農園を始めよう!と思っても、実家が農家でもない限り栽培に関しての知識は初心者レベルのご家庭が多いですよね。

子供も頑張ってお野菜を育てたのに、収穫に至るまでのプロセスで失敗してしまってせっかくの野菜がダメになってしまった…なんて事のないように、シェア畑にはプロの農家や菜園アドバイザーが週4日~6日勤務しているので、わからない事は何でも聞いてその場で解決できるんです!だから失敗のリスクもとても少なくする事が出来ます。

日常的なサポートのほかにも定期的に実演付き講習会が開催されるのですがこれがとても評判だそうで、作業工程を見れる貴重なチャンスはぜひ利用したいものです。さらに、栽培資料を配布してくれるので、家に帰ってのんびりくつろぎながら子供と復習するなんて事も可能です。

何かと荷物の多い子連れにも安心な農具や苗などは全て料金に含まれているので手ぶらでOK!休憩スペースで疲れたら休むことも

子連れのお出かけにとって最大の敵、それは「荷物の多さ」にあると思っています。兎に角兎に角、メンテナンス用品が多すぎるんです!それだけでマザーズバックはいっぱいなのに、さらに苗に肥料に農具にと準備も持ち歩きも大変ですよね。

車であれば積んで運ぶまでは楽ですが、貸し農園の近くに駐車場を探したりさらにそこから重たい農具や肥料などを運ばなければ…せっかく楽しいはずの週末菜園が最初から疲れてしまいますよね。

けれども、シェア畑の利用料にはなんと苗も肥料も農具のレンタルもぜーんぶ含まれているんです!だから手ぶらでOK!私はシェア畑の最大の魅力はココにあると思っています。

仮に子供が大きくなるまでの数年間契約すると仮定して、農具を揃えるのも結構なコストがかかりますし、肥料や苗も買いに行くのも大変な上に値段も栽培するスペース分を考えると決して安いとは言えません。

それが季節に合わせて旬を迎える野菜の苗を用意してもらえて、その栽培する野菜にあった肥料を用意してもらえて(しかも無農薬)、さらに必要な農具は全て揃っているなんて、まさに小さな子供のいる家族向けに出来ているサービスとしか思えません。

あ、「手ぶらでOK」とはありますが、強いて言えば農作業をしているとだんだんおなかがすいてくるので、美味しいおにぎりなんかは持っていくとその場で食べれてとっても楽しいです!

もちろん、収穫した野菜をその場で食べても◎シェア畑にはちゃんと休憩スペースも用意されているので、疲れてしまったら腹ごしらえして一息つきましょう。子供と一緒に青空の下でごはんを食べれるなんて格別ですよね!

スポンサーリンク

【まとめ】シェア畑は子供の食育におすすめ

「食」という字は、「人を良くする」と書きます。

人生の中で最も成長する幼児期に、ファミリー層に評判の高いシェア畑による食育で子供の食べ物&食べる事への興味や意欲を育ててあげるのはいかがでしょうか?美味しく新鮮&安全な野菜を食べて育った子は、健康にすくすくと育つことでしょう。

下の公式サイトへのリンクから、ご自宅近くのシェア畑を検索出来ます☆見学は無料なので、試しにお子様を一緒に連れて行ってみて様子を見てみるのはいかがでしょうか?

【公式サイト】シェア畑の詳細をチェック>>>

https://sumaiku.life/sharefarm_akijyoukyou
https://sumaiku.life/sharefarm_cospa

出産・子育て
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました