すみだ水族館はベビーカーの貸し出しOK?赤ちゃん連れでも楽しむコツとお得な年パス特典について解説

旅行・おでかけ

「すみだ水族館に行きたいけど抱っこひもで行こうかベビーカーで行こうか迷ってる」

「ベビーカーの貸し出しはあるのかな?もし利用できればその方が楽なんだけど…」

現在は練馬区の住民になった私ですが、以前住んでいたのは東京都江戸川区。スカイツリーまでドアtoドアで20分の場所に住んでいました。なので、毎週のようにすみだ水族館に当時0歳だった長女を連れて遊びに行っていました。

けれども、赤ちゃん連れって結構荷物が多くて大変!ベビーカーを持ち歩くのも一苦労。駅のエレベーターが混んでたり、出口も決まったところにしか出れなかったり…どうしても抱っこひもより機動性が下がりますよね。

そこで今回の記事ではすみだ水族館に赤ちゃん連れで行こうとしている方向けに、すみだ水族館ではベビーカーの貸し出しはしているのか?赤ちゃん連れでも楽しむコツと注意点をご紹介したいと思います。

これから赤ちゃん連れですみだ水族館に行かれる予定がある方は、是非チェックしてみてくださいね!授乳室やおむつ替えスペースの情報も書いています。

スポンサーリンク

すみだ水族館自体にベビーカーの貸し出しはない

まず結論ですが、すみだ水族館自体ではベビーカーの貸出は行っていません

ですが、すみだ水族館が入っている東京ソラマチにおいては、ベビーカーの貸出が行なわれています。

写真はイメージですがこんな感じのものです。乳幼児用ショッピングワゴンと言って、コイン式のいわゆる100円玉を入れて使うタイプのベビーカートになります。生後2ヶ月から3歳ぐらいまでの子供に利用できるので、首が座ったくらいの赤ちゃんから利用できるので安心ですね!

ベビーカーは東京ソラマチのどこで貸し出している?

ベビーカーの貸し出しは東京ソラマチ内の以下の四カ所で行なわれています。

・1F 3番地エレベーター前
・1F 12番地エスカレーター前
・2F 2番地出入口付近・2F 3番地エスカレーター横
・3F 5番地インフォメーション横

ただし注意したいのが、やはり争奪戦になりやすい場所があることです。地下鉄や京成線など電車で東京ソラマチにアクセスされる方は、おそらく1F12番地エスカレーター前のベビーカーを借りることが多いと思います。

私も電車で行くことが多かったのでほとんどそこで借りましたが、やはり台数が品薄になっていることが結構多かったですね。

東京ソラマチのベビーカーの貸し出し台数は十分にある?

平日であれば上記の1F12番地エスカレーター前は時間帯によってはないこともありますが、基本的には他の貸し出し場所で確保することができると思います。

ただ、土日に関してはベビーカーの貸出台数は少し足りてない印象で借りれないということが私は何度かありました。なので土日にベビーカーの貸し出しを利用したい場合は朝早く行くか、あるいは諦めて自分でベビーカーを持って行った方がいいかと思います。

スポンサーリンク

すみだ水族館を赤ちゃん連れで楽しむコツ♡

すみだ水族館小さな赤ちゃんを連れたファミリーも快適に楽しむことができる子連れのお出かけには最適と言っても過言ではない遊び場です。持参のベビーカー又は貸出ベビーカーですみだ水族館を利用する際の様々な赤ちゃん向けの施設や注意したい点などもご紹介したいと思います。

ベビーカーは入口に置くことも可能

ベビーカーの利用を想定するとしても乗っている赤ちゃんが歩けるベイビーの場合、ベビーカーに飽きてしまって歩きたいなんてこともありますよね。もちろん歩き盛りの二歳の子なんてベビーカーに乗ってくれないことすらあります。

そんな時は上の写真にあるすみだ水族館の入り口であるチケット売り場の左側にベビーカーを置いておくことができます。(今少しだけ置いてありますね)これは貸し出しベビーカーでも持参ベビーカーでもどちらもOKです。なのである程度歩けるお子さんをお連れの場合はベビーカーを置いて楽しむのも良いかと思います♡

すみだ水族館は全体的に展示の目線が低いので、抱っこをしなくても歩ける赤ちゃんはそのまま自分の目線で楽しむことができる展示も非常に多くあります。赤ちゃんが興味津々で魚やクラゲを見る姿は本当に可愛いですよ♡

ベビーカー置き場の注意点

エントランスにベビーカーを置くことはできますが、ベビーカー置き場は施錠などがされているわけではなく、特に警備の方が付いているわけでもありません。なので全て自己責任になります。自主的にロックをしたり、金銭なども貴重品や大切な思い出の品などは置かないようにしましょう

館内には大きなエレベーターが2台ある

すみだ水族館は東京ソラマチの五階と六階の2フロアで構成されています。ベビーカーで中を見る場合でもエレベーターできちんと移動できるので安心です。

土日であってもエレベーター自体は結構大きいので、エレベーターに乗るのに並んだりといった混雑もそれほど見たことはありません。また、エレベーターを利用しない場合でもフロア移動が可能で、人気のクラゲ回廊やペンギンプールを上からぐるっと見る形でスロープで上り下りをすることができるので、それもまだ歩けない赤ちゃんにいろんなものを見せてあげるという点ではとてもオススメです。

すみだ水族館のベビー休憩室は超キレイ♡

すみだ水族館は5階と6階にそれぞれ一つずつ合計2箇所のベビー休憩室があります。

いわゆる授乳室ですがミルクを調乳できるお湯の設備もあり、奥にはカーテンで仕切られた男性は入ることのできない休憩スペースがあります。また、きちんと椅子も設置してあるので相部屋にはなりますが安心して授乳することができますよ!

ベビーチェアは女性トイレと男性トイレ両方にある

観光施設でも未だにベビーチェアは女性用トイレにしかないところも多いですが、すみだ水族館では女性用トイレと男性用トイレの両方にベビーチェアがきちんと設置されています。なので、ママだけじゃなくパパにも赤ちゃんを任せることが可能です。普段ママはなかなかトイレもゆっくりできないですよね。そこはイクメンのパパに任しちゃってはいかがでしょうか?

一つだけ注意したいのは【照明の暗さ】

基本的には赤ちゃんにとても優しいすみだ水族館ですが、一つだけ考えどころなのは照明の暗さです。ベビーカーに赤ちゃんをずっと載せている場合は問題がないですが、歩ける子供だと暗い中で走られてしまうと結構見失いやすいかなと個人的には思いました。でも今まで入っていて迷子のアナウンスを聞いたことがないので何とか探せる…のかな?

ただ、迷子になったとしても入口と出口に必ず係員の方がいるので、水族館の外に出てしまうということはないかと思います。その点は安心ですね。

スポンサーリンク

すみだ水族館はベビーカーでも安心して楽しめる施設

ペンギンプールやクラゲ回廊など全体的に展示の低さが印象的なすみだ水族館。これはベビーカーに乗りながら鑑賞する赤ちゃんや身長のまだ低い子供などにも、とても良い見せ方だなと子供を産んで私は思いました。

そんなすみだ水族館ですが、やはり東京スカイツリーとソラマチに隣接しているということもあり、土日はすごく混雑しています。もし可能であれば平日に行けばどの時間帯でも空いている状態でゆっくり過ごすことができますので、おすすめですよ♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました