千葉の停電と断水はいつまで?なぜ復旧しないの?長期化する理由を解説

気になること

2019年9月11日に関東に上陸した台風15号の影響でいまだ停電や断水が長引く千葉県。復旧はいつになるのでしょうか?また復旧が長引くその理由は 一体何なのでしょうか?

2019年9月11日現在でも6万件以上で未だ停電が続く千葉県。

9月に入ったもののまだ気温が高い日もあり、冷房がないと正直辛いという状況にある時もあり、1日も早い復旧が見込まれます。

既に発生から一週間近くたったという事もあり、被災者には疲れの色が濃くなってきているはずです。

特に子供を持つ身としては、小さな赤ちゃんや子供がいる家庭は、ミルクや離乳食などのお世話がいつも以上に大変になっていることを考えると本当に心配です。

そこで今回の記事では

  • 千葉県の停電と断水はいつまで続くのか
  • 千葉県の停電と断水はなぜ復旧しないのか

の2つについて調査していきたいと思います。

スポンサーリンク

千葉県の停電と断水はいつまで続くの?

千葉県の停電&断水がいつまで続くのか…ニュースを見るたびに心配になりますよね。

2019年9月17日0時の時点で未だ7万2千戸が停電、2019年9月16日午後の時点で約1万5千戸が断水状態にあるとのこと。

ここまで大きな大規模停電&断水は、関東地方ではしばらくなかったですよね。

そこで気になるのは復旧見込みです。

千葉の停電の復旧見込みはいつ?

復旧見込みは各種報道により若干異なるものの、停電に関しては2019年9月27日までの全面復旧を目標に作業が進められているとのこと。

つまり、あと10日程度は千葉の停電が続く可能性は高いという事になりますよね。

千葉の断水はいつまで?

そして、停電だけでなく断水もいつまで続くのか…まだ暑いので熱中症になる人も増えているそうで、かなり心配です。

しかし、千葉の断水に関する復旧見込みは全体としては統一されていないようです。

千葉県君津市に関しては、2019年9月15日午後7時の情報で、浄水場への電力復旧後おおむね2日~4日後に復旧ということになる予定です。

なので、おそらく他の市町村の断水に関しても、給水復旧見込みは同様だと思います。

今回この断水について調べてみて、断水の復旧は電力復旧の後になるという事を初めて知りました。確かに冷静に考えてみれば浄水場などの施設の運営にも電気ってかかせないですもんね。

でも自分が実際に被災者になったら、正直生きていくのにせいいっぱいでそこまでは気が回らないと思います。

今回の千葉県を見て我が家も0歳児&2歳児がいる身として、災害時の備えをしなければとつくづく思いました。

スポンサーリンク

千葉県の停電と断水はなぜ復旧しない?

台風やゲリラ豪雨、雷などによる停電や断水は、どこの地域でもわりとよくあることですよね。

でも、結局1日~長くても数日で復旧することが殆どです。

なぜ、今回の千葉の停電と断水は復旧に時間がかかっているのでしょうか?

千葉県の停電はなぜ復旧しない?

千葉県の停電がなぜ復旧しないのか、その理由電気を供給するための鉄塔が崩壊してしまった事に最大の原因があるとされています。

通常送電線の鉄塔は台風が来ても耐えられるように、風速40メートルでも耐えられるように設計されています。

が、それでも今回千葉県君津市の鉄塔が2つ倒れてしまいました。

鉄塔地点の最大風速はわかりませんが、隣の木更津市では最大風速49メートルを記録したとあり、鉄塔が耐えられない風がふいてきたと予想されます。

また、通常このように何らかの理由で鉄塔が崩壊してしまった時のために、迂回ルートというのが用意されていて、別の送電線を通して各家庭に電力を供給するという備えもされているそうです。

しかし、強風により電線が切断されたり、倒木等で道路が通行止めになり作業車が現場に行けないなど、電気を供給するためのルートが正常に機能しない状態となってしまった事が今回の千葉県の停電が復旧しない原因であることがわかりました。

千葉県の停電がなぜ復旧しないかをまとめると…

・電気の大元である鉄塔が倒壊した
・鉄塔倒壊時に機能する迂回ルートが倒木などにより機能しない

ということになります。

迂回ルートがある事は今回初めてしりましたが、それも機能しなくなるほど今回の台風の影響は大きかったようです。

千葉県の断水が長引く理由は?

千葉県の断水が長引く理由は、前述したとおり電気が復旧しないと浄水場の機能が働かず各家庭に給水する事が出来ないためです。

断水の復旧はどうしても停電の復旧の後になってしまう事を考えると辛いですよね。

スポンサーリンク

千葉の停電と断水はいつまで?なぜ復旧しないの?長期化する理由を解説まとめ

ここまで停電や断水が長期化すると、被災者の方々だけでなく作業に当たる方の疲労も心配になってきます。どうか、千葉県に一日も早く電気と水が通うようになり、日常を取り戻せることを願っています。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました