ダイエットが続かないのは意思が弱いから?3日坊主でも継続出来るコツ

ダイエットが続かないのは意志が弱いからなんて思っていませんか?

いざ痩せたいと思ってダイエットを始めても、目標期間内に理想の体重に漕ぎつけられる成功者はごくわずか。

その理由は、ダイエットを続けられず途中でリタイアしてしまう人が大多数だからです。

ダイエットで一番難しいのは「続けること」

最初は皆ダイエットを始めると数日~数週間は体重が順調に減りモチベーションも比較的維持できますが、停滞期になり体重が減らなくなると「どうせ頑張っても痩せない…」というネガティブな感情が生まれがちで徐々にダイエットからつい遠ざかってしまいがちに。

「今回もダイエット失敗…私ってなんでこんなに意思が弱いんだろう」と思った経験はありませんか?

今回の記事では、

  • ダイエットが続かないのは意思の弱さが原因なのか
  • ダイエットを継続するコツ
  • それでも無理と思った時の対処法

をご紹介します。

こんな人におすすめの記事です
  • 過去にダイエットを途中でやめた経験がある
  • 意志が弱いと感じている
  • なんとなく痩せたいと思っている

結論としては、ダイエットが続かないのは意思の弱さが原因ではなく「目的が明確でないから」です。その理由についてこの記事で、詳しく書いていきますので、ダイエットにリベンジしたい方は是非参考にしてみてくださいね♪

スポンサーリンク

ダイエットが続かないのは意志が弱いから?

体重計

ダイエットが続かないのは意思が弱いからではありません。

目的が明確でないから、ダイエットが続かないのです。

ダイエットの目的が明確というのはどういう意味か説明しますね。

ダイエットを継続するには「明確な目的」が必要

ここに、AさんとBさんと言う2人の女性がいて、それぞれダイエットを始めようとしています。

Aさん
Aさん

なんだか最近太ったから、あと3㎏くらい痩せたい

Bさん
Bさん

7月に結婚式を予定しているから、ウェディングドレスを綺麗に着るためにあと5㎏痩せたい

さて、ここで問題です。AさんとBさんでは、どちらがよりダイエットの目的が明確でしょうか?

答えは明らかにBさんですよね。

その理由は、

  1. 7月までという「期間」の設定
  2. ウェディングドレスを着るためという「目的」の設定
  3. -5㎏ほど体重を絞りたいという「目標」の設定

がされているからです。

「期間」「目的」「目標」この3つは、ダイエットを始めるにあたり必ず設定した方がより続けやすいとされています。

そして、ダイエットを続けるためにはこの中でも「目的」が最も大事です。

Bさんの場合、結婚式という人生の一大イベントまでに自分の体型をどうにかしたいと思っていますよね。人生に1度しかない結婚式、写真にも一生残るので今の体型のまま記念写真を撮りたくないという切実な理由があります。

ダイエットの途中でやる気が下がったり体重が減らなくなったとしても「7月までまだ時間はある、ウェディングドレスを着るために頑張らなきゃ」という目的を思い出せば、大抵意志の弱さは引っ込んで再びダイエットを頑張るモチベーションが戻ってきます。

一方、Aさんの場合はなんとなく痩せたいだけなので、停滞期に突入したりモチベーションが下がると「またそのうち始めればいいや…」と思ってダイエットの失敗を何度も繰り返すのです。

このBさんのように、目的に対する危機意識が強ければ強いほど、よりダイエットは続けやすいのです。

みーな
みーな

意志が強いか弱いかというよりは、本当に痩せたい理由があるかないかなんですよね。

ボクサーが試合前に減量するのは、成功しないと試合にすら出れないからというのも有名なお話ですよね。一般人のダイエットもそれと同じで「痩せたい」ではなく「痩せなければならない」という、切迫感が詰まっている人の方がダイエットは続けやすいのです。

そして、ダイエットは続けることさえできれば、成功はほぼ約束されたようなもの。

目的を持たずにダイエットを始めようとするのは意志が弱いわけでもなんでもなく、ただダイエットをう続けていくコツを知らないだけなのです。

スポンサーリンク

ダイエットを継続させる5つのコツ

続ける

「ダイエットが続かないのは意志が弱いから?」と悩んでいる方向けに、ダイエットを継続させる5つのコツをご紹介したいと思います。

  1. 痩せたい明確な目的を持つ
  2. ダイエット宣言をする
  3. 理想の体型のイメージを持つ
  4. 大きな鏡を準備する
  5. 痩せたら着たい洋服を用意する

痩せたい明確な目的を持つ

シチュエーション

ダイエットにリベンジする前に、まずはあなたが痩せたい明確な目的を徹底的に考えてみましょう。

ダイエットをして理想の体型を手に入れたい目的は人によって違いますよね。

  • 好きな人に告白するのに痩せて綺麗になりたい
  • 彼氏と夏海に行くために体を絞りたい
  • 憧れの有名人が着ていた洋服を着たい
  • 産後太って旦那に馬鹿にされた
  • 子供にとって可愛いママでありたい

どれも立派なダイエットの目的です(^^*)

しかし、ダイエットをいざ始めてみると、毎日体重計に乗ることになるので、どうしても数字ばかりに目がいきがちになります。

すると「何のために痩せたいのか」目的が薄れていき、モチベーションが下がっていってしまいます。

目標体重にフォーカスするのではなく「痩せた体でどんな生活を手に入れたいのか」を考えて、ダイエットを続けて行きましょう!そうすれば意志の弱さは自然と克服できるはずです。

痩せてどんな生活を手に入れたいか明確な目的を持とう!

ダイエット宣言をする

産後ダイエット

意志が弱いと悩んでいる方には、誰かにダイエット宣言をすることをおすすめします。

仮に、誰にもダイエットする事を伝えずに始めたとします。最初はどんな方法を選んでも比較的体重が落ちやすいので、しばらくはやる気が続きます。

しかし、次第に体重が落ちるペースが減っていくと「こんなに頑張っているのに何で減らないの?もうダイエット辞めたい…」と意志の弱さが出がちです。

そして「誰も知らないし失敗したって知られないからもうやめよう」などと考えてしまいます。

一方、家族や恋人、職場の同僚など誰でも良いのでダイエットしている事を伝えていたケースではどうでしょうか?

やる気がなくなってきた時期に「あれ?ちょっと痩せた?」と変化を周りに気づかれると物凄く嬉しいですし、モチベーションが下がって辞めようとしても「失敗したって思われたくない!」と、闘志が湧いてくると思いませんか?

ダイエットする事を誰かに伝える事から始めてみましょう!

みーな
みーな

因みに私はこのブログでダイエット宣言しましたwブログを書かれている方はそこで宣言してもいいですね♪

理想の体型のイメージを持つ

ダンササイズ

理想の体重ではなく「理想の体型」のイメージを持ちましょう。

同じような見た目でも体重が全然違う人を見たことはありませんか?モデルさんなどは特にそうですよね。

筋肉は脂肪よりも重たいので、筋肉量が多い人は同じ見た目でも体重が重いです。でも、見た目はメリハリのある美しいボディをしていませんか?

食事制限などで体重を落とすとガリガリになるので、筋肉はつかずメリハリのボディにはならずただ痩せているだけになります。短期的にはそれでもいいのですが、筋肉が少なく基礎代謝が少ないのでリバウンドしやすいデメリットがあります。

一方、同じ体重でも筋肉量が多い人の場合は体が引き締まっているので、動作をした時にとても美しく見えます。また、基礎代謝が高いので痩せやすい体質が出来ているため、リバウンドもしにくいのです。

そして、筋肉がつく場所によっても見た目が全く異なってきます。

あなたが目指したい体型は、どんなイメージでしょうか?理想の体型の有名人などのポスターを家の壁に貼って鏡に映った自分と比較してみると、意志の弱さが出た時にも克服しやすいですよ♪

大きな鏡を準備する

鏡で体型チェック

自分の部屋に頭からつま先まで写せる大きな鏡を準備すると、理想の体型に近づいているか日々チェックできるのでおススメです。

ブヨブヨの二の腕、三段腹、パツパツの太もも…見るだけでも見苦しいと自分でさえ思ってしまいますよね。

でも「一生このままの体型なんて嫌!」と思う気持ちが少しでもあれば、意志の弱さが表れてもすぐにやる気が復活するはずです。

体重チェックは体重計で、体型チェックは大きな鏡で!
▼大きな鏡は意外と高くないので投資と思って買いましょう♪

痩せたら着たい洋服を用意する

インストラクター手数料

「お腹を中心に痩せたい」「足を細くしたい」など特定の部位にコンプレックスを持ってダイエットを始める方は、今の自分では着る事が出来ないけど痩せたら着たい洋服を用意しましょう。

ダイエットに成功した後に買いたいという人が多いのですが、それでは失敗した時に何のリスクも取っていませんよね?

最初に買っておくことである程度の金額を出費しなければならず、失敗したらそのお金が無駄になるという意識もダイエットを継続する意思を後押しします。

意志が弱いからダイエットが続けられないという方は、この様にその弱さをカバーできるような対策を講じればダイエットはもっと続けやすいものになるはずです。

「痩せたら着たい」願望ではなく「痩せて着る」覚悟が大事
スポンサーリンク

目先の「体重」ではなく「痩せ体質」を目指そう!

ウォーキング

せっかくダイエットを始めるのであれば、体重を減らすことではなく「痩せやすい体質」を目指していきましょう。

例えば6ヶ月間ダイエットに励むと仮定して、その期間に目標の体重だけ叶えるのか、目標体重を達成してさらに痩せ体質も手に入れるのか、どちらがより良いかは明白ですよね?

正直なところ体重だけを減らすのであれば結構簡単で、食事制限だけ続けていればOKです。だって、摂取しているカロリーがいつもより少ないのですから(^^;)断食で一時的に体重が落とせるのが良い例ですね。

けれども、痩せやすい体質になるためには、ダイエットしながら基礎代謝を上げて行かなければなりません。

そのためにどんなダイエットをしていけばいいのかと言えば、

軽い食事制限×運動(有酸素運動+無酸素運動)

がベストです。

軽い食事制限とは自分の無理のない範囲で決める内容で構わないので、

  • 夜だけ糖質制限メニューにする
  • 間食を控える
  • 子供の食べ残しを食べない

など、人によって全然違うと思います。大切なのは、今現在の食生活よりも食べ過ぎないことです。

運動も自分のライフスタイルに合っているものでOK!

私は小さな子供がいてジム通いなどは出来ないので、家でオンラインフィットネス(ヨガや筋トレが中心)をダイエット方法として選択しています。

散歩が好きな人はウォーキングもいいですし、音楽が好きな人はダンササイズなどもおすすめですね。

ただ、ポイントは有酸素運動だけでなく、筋力UPに効果のある無酸素運動も必ず取り入れていくことです。筋トレ(スクワットや腕立て伏せなど)はハードルが高いと思われがちですが、1日5回とかでも全然OKなので、コツコツ続けて行きましょう!

みーな
みーな

私は子供を2人産んだので腹筋がほぼ0の状態から筋トレスタートしました。最初は腹筋がまともに出来ませんでしたが、ようやく最近10回くらい出来るようになりましたw

スポンサーリンク

やっぱり続かない…と意志の弱さが出てきたら?

家でダラダラ

とはいえダイエットを続けていると必ず「もういやだ…辞めたい」と思う事もあるかと思います。特に体調が悪く疲れていたり、思い通りに体重が減らない時などは意志の弱さが目立ちやすい時です。

そんな時は、一旦ダイエットの事は忘れましょう!

と言っても、暴飲暴食は絶対NGです。

毎日の腹筋10回を習慣にしている方だったら、その日はやらなくてOK!や、食事制限で甘いお菓子を食べないようにしている方だったら「今日はクッキー3枚だけ食べる!」など、ストレスと上手に付き合い解消する方法を決めるとダイエットは続けやすいです。

もちろん「今日はダイエットをちょっとサボろう♪」が1週間も続いてしまうと、さすがにそれは悪いサボり癖でしかありません。

そんな意志の弱さが出てきた時は、もう一度ダイエットを始めた目的を振り返ってみてください。どうでしょう?サボってる暇はないのではありませんか?

ダイエットをリタイヤしやすいのは、実は完璧主義な人だったりします。厳密に続けていくよりもたまにはサボってもOK!というような、ちょいユルな取り組み方の方が意外に続けていけるんです。

ダイエットで最も大切なのは「続ける」こと。たまには息抜きもOK!
スポンサーリンク

【まとめ】ダイエットが続かないのは、意志が弱いせいじゃない

産後ダイエットのやる気が出ない

ダイエットは己との戦い意志の弱さとうまく付き合う事が出来る人だけが成功にたどり着けます。

もちろん、意志の弱さだけが原因でダイエットが続かない人はごく少数です。きちんと継続するコツを抑えて取り組んでいけば、少しづつ必ず成果は出てくるはずです。

この記事を最後まで読んでくださったあなたは、もうダイエット継続のコツはバッチリですよね?理想の体型を無事GET出来るよう、心から成功を願っています!

食べ過ぎてもOK?糖質77.9%カットの次世代米「TRICE」

コメント

タイトルとURLをコピーしました