【ダイエット】食事制限への反動で過食に?ゆっくり痩せるのが大切な理由とは

「ダイエットで食事制限をしても、我慢が続かずに反動でつい食べ過ぎてしまった…」

そんな辛い経験をしたことのある人も多いのではないでしょうか?

頑張ってコツコツとダイエットで食事制限をしてきたのに、今までの積み重ねが水の泡に。でも、この反動、実は生理的に仕方のない事なんですよね。

今回の記事では、ダイエットによる食事制限で反動が起こる理由と無理なく続けるコツについて詳しくまとめました。

こんな人におすすめの記事です
  • 食事制限の反動でつい食べ過ぎてしまった
  • 食事制限が辛くて続けられない
  • 自分に合う無理のないダイエットが知りたい

結論から言えば、今まで食事制限によるダイエットが続かなかった、あるいは反動で食べてしまって失敗してしまったという方は「脳の仕組み」を理解して減量する必要があります。

ゆっくりと無理なく体重を落としていくことの重要性についても解説しているので、キツイ食事制限によるダイエットを実践中の方も参考にしてみてくださいね。


スポンサーリンク

ダイエットの食事制限による反動は体のSOS?

SOS

ダイエットで食事制限をしていて反動でつい食べ過ぎてしまったら、それは体からのSOSが出ている状態だと言えます。

反動による過食という体からの危険信号は、間違えた食事制限ダイエットを行っているからこそ起こる現象

明らかに食べ過ぎの状態だった人が急に食べなさ過ぎの状態になるため、満腹中枢が食事の適正量を調節出来なくなってしまいます。

つまり、正しい方法で食事制限をしていれば、本来反動などは起きないのです。努力の積み重ねではなく、積み重ねた無理への反動が出ているのです。

スポンサーリンク

食事制限を頑張っても痩せるどころか太る理由

がっかり

無理のある食事制限を実践しても、実は痩せるどころか逆に太ります

その理由は、ダイエットで無理な食事制限をすると、脳が「食べる量が少なくて栄養が足りないから頑張って吸収しなければ」と思い、脂肪を吸収しやすく太りやすい体質になるためです。

過度な食事制限を行うことにより減るのは、実は体重ではなくて「水分」というのは検証済みの事実です。短期間で減量できたと喜んで水を飲んだらすぐに元のウェイトに戻ります。

つまり、体重の変動と痩せる事は全く別問題なのです。

スポンサーリンク

脳に気づかれずに痩せるのが最大のポイント!

脳

私たちの脳は予めその人の「適正体重」というものをインプットしています。

その脳が認識する適正体重を下回ると脳が生命の危険と判断しエネルギーを求めるようになるのです。

そして、その栄養が思ったように得られないと、今度はエネルギー消費を制限し始めるという行動に出ます。

つまり、ダイエットで食事制限をして一気に痩せたら脳は逆に食欲を増し、今まで消費していたエネルギーすらも節約しようと基礎代謝を下げてしまうのです。

さらに恐ろしい事に、このセットポイントと言われる適正体重は一度上がったら下がらないと言われています。ただ、それだと永遠に痩せる事は出来ないと絶望してしまいそうですよね…。

では、どうやって正しい方法で食事制限によるダイエットをすればいいのか、気になりますよね?

答えは「脳が体重の減少に気づかない程度に減量すること」です。

脳は1ヶ月に体重の4%以内の減量であれば気づかないと言われています。

例えば、現時点の体重が55㎏の人であれば1ヶ月に落とす体重は2.2㎏以内に留める内容の食事制限が「正しいダイエット」になります。

1ヶ月に2.2㎏を食事制限で減らすというのはどのくらいか計算してみますね。

1㎏の減量には7,000kcalのエネルギー消費が必要なので、ご飯1杯のカロリーが268.8kcalとすると、7,000kcal÷268.8kcal/杯≒26杯。つまり、1ヶ月でお茶碗26杯分(1日1杯弱)の食事制限が脳に気づかれない限界なのです。

ただ、この数値は全く運動をしないと仮定しているものなので、筋トレや有酸素運動と合わせて食事制限のダイエットをしている場合はこれより少ない数値になるかと思います。

みーな
みーな

主食を毎食しらたきやこんにゃくに置き換えたりするのは、絶対にやってはいけないってことですね!1日1膳分であれば、毎食30%づつくらいご飯を小盛にすれば無理なく続けられそうです♪

>>>カロリー40%OFFの低糖質米「TRICE」を最安値でお試し♪

スポンサーリンク

【まとめ】大切なのは「太らない習慣」を身に着けること

太らない習慣

ここまで書けばもうお分かりかもしれませんが、大切な事はダイエットで食事制限を頑張ることではなく「太らない習慣」を身に着けることです。

ダイエットをしていると痩せる事ばかりに目が行きがちでつい反動で食べがちですが、太らない事にフォーカスすると長い目線で痩せやすい体質になることが可能です。

  • 食事は腹八分目(=適度な食事制限)
  • 適度な運動を習慣にする
  • たまには息抜きで好きな物を食べる

いずれもそれほどストレスを感じずに出来ることばかりです。

最初は3日、それが続いたら3週間、次は3ヶ月と着実に習慣していくことにより、いつしか自然に体重は落ち太らない習慣が身に着くはずです。

ダイエットの食事制限により反動が出てしまった方は、参考にしてみてくださいね♪



コメント

タイトルとURLをコピーしました