ヨガの料金が高いのはなぜ?スタジオの価格相場と安く収めるコツ

美容と健康に良いイメージのヨガ。いざ始めようと思って、料金も調べてみたら、その高さに驚いたことはありませんか?

私自身も産後の体型戻しにヨガを始めたいと思い色々ヨガスタジオなども調べてみたのですが、都度払いやチケット制、月額料金のどれを見ても高いなぁと感じてしまいました。。。

フィットネスジムのように色々な器具が必要ではなさそうなのに、どうしてこんなに値段が高いんだろう?そう疑問に思いますよね?

今回の記事ではヨガスタジオの料金が高い3つ理由と月額を安く収めるコツをお届けしたいと思います。

結論としてヨガの料金が高いのは、

これからヨガを始めたいと思っているけど、月額料金の高さに驚愕して躊躇しているという方は是非読んでみてくださいね!

スポンサーリンク

ヨガの料金が高い理由は3つ!

料金が高い
ヨガの料金が高い要素は大きく分けて三つ。

  1. 施設管理費
  2. 運営管理費
  3. インストラクターの手数料

になります。

それでは一つ一つチェックしていきますね!

1.施設管理費

施設管理費

施設管理費とは、ヨガスタジオの設備維持のために必要な費用全般を指します。

例えばですが…

  • 賃料(物件を所有していない場合)
  • 水道光熱費
  • 保険料

などが良い例です。

これは大手のヨガスタジオだけではなく、個人が運営しているスクールも同様。意外と色々な費用がかかってくるんですよね。

賃料は立地が良かったり築年数が少ないなど、受講者側にとって便利や快適さが上がるほど値段も高くなるのが通常です。

また、通常のヨガではなくホットヨガのスタジオなどは温熱環境を作るための特別な設備が必要となってくるので、さらに設備費用が上乗せされます。

シャワーブースが沢山あればその分水道代は上がりますし、スタジオが広ければその分暖房代や冷房台などの光熱費も高額になってきます。

そして、この設備に関するお金を誰が負担するかといえば、受講者の皆さん達になることはもうお分かりですよね。

企業でも個人でもボランティアでヨガスタジオを運営しているわけではないので、キレイで快適な環境をタダで提供してくれる訳ではありません。ヨガは立派なビジネスなのです。

ヨガをビジネスとして成立させるためには施設費を想定受講者で按分し、さらにそこに利益を上乗せして料金を決める必要があります。

なのでヨガの料金は、

  • スタジオが綺麗なほど高い
  • スタジオが快適なほど高い
  • スタジオの立地がいいほど高い

と思うべきです。

全国チェーンのヨガスタジオなどで場所ごとに月額料金が異なるスタジオがあるのは、施設管理費の一部である賃料が主に影響しているからなんですよね。

みーな
みーな

東京都と北海道じゃテナント賃料も全然違うから仕方ないなぁと思います。

2.運営管理費

人件費・給料

ヨガの料金が高い理由の二つ目は、運営管理費にあります.

運営管理費とは、サービスを維持するために必要な経費のことを指します。

例を挙げてみるならば…

  • 人件費(社員アルバイト)
  • 広告費
  • サイト運営管理費用
  • 外注費
  • 消耗品費

などなど、とにかくたくさんの種類の費用が必要になってくるんです。

個人のインストラクターの方が1人でヨガスタジオを切り盛りしている場合は、これらの運営管理費はそこまで高額にはなりませんがヨガスタジオは違います。

通常ヨガスタジオは場所だけあって誰かが1人でポツンと運営しているわけではありませんよね?

あなたがヨガを始めようと思ったきっかけは何ですか?インターネットや街角で広告などを見たりはしませんでしたか?その広告を配信するのにも少なからずお金がかかっています。

また、そのヨガスタジオをよく知るために、公式サイトなどをチェックしたりもしますよね。そのようなウェブサイトの運営費も自社でやるにせよ外注するにせよ結構な費用がかかってくるのです。

そして、スタジオへの入会の処理や受付をするスタッフ、レッスンをサポートする社員の方など、運営管理するにあたって人件費も嵩んできます。

私自身も経理の仕事をしていたのですが、この中でも特に人件費と広告費はバカになりません。

人件費は会社が負担する社会保険料などを考慮しても社員1人あたり最低月間数十万円はかかりますし、インターネットに配信する広告も1クリックあたり数十円はザラです。それが1ヶ月に何十万クリックもされたら、その費用はかなりの高額になりますよね。

そして施設費と同様にこれらを負担するのは私達ヨガレッスンの受講者になります。

なので一般的に考えれば、ヨガの料金はインストラクター個人が運営しているスタジオよりも大手のほうが高額になると言っていいでしょう。

3.インストラクター手数料

インストラクター手数料

ヨガの料金が高い三つ目の理由は、インストラクター手数料にあります。

全国展開していたり複数店舗があるヨガスタジオは、通常インストラクターは社員の方ではなく委託契約していることがほとんどでしょう。

なので、インストラクターの方に一レッスンあたり〇円という形で手数料を支払っているはずです。

そして、この手数料はレッスンの人気度やインストラクターの知名度により左右されるので、売れっ子講師ほど高額になります。

芸能人なのでも無名の新人はギャラが格安で著名になればなる程、物凄い金額を稼ぐようになりますよね?それと同じです。

なので、人気の高いレッスンや有名インストラクターなどの質の高いレッスンを提供しているほど、どうしてもここのフィーは高くなってしまうのは仕方がないことなんですよね。

みーな
みーな

せっかくヨガを始めるならば、ちゃんとしたレッスンを受けたいものですよね。

スポンサーリンク

ヨガレッスンの支払い方法

料金プラン
ヨガのレッスン代の支払い方法は大きく分けて三通りあります。

  1. 都度払い(ドロップイン)
  2. チケット制(回数券)
  3. フリープラン(受け放題)

それぞれのメリット・デメリットを考慮して自分のライフスタイルに合った支払方法を賢く選択していきましょう♪

1.都度払い(ドロップイン)

ヨガレッスンの支払い方法の一つに都度払いがあります。レッスンごとに毎回1レッスンあたりの料金を支払う方法です。

いつでも好きな時に受講できるというメリットはありますが、レッスン1回あたりの料金は最も高額になります。

大体ですが一レッスンあたり相場は3000円~5000円くらいとちょっとお財布にはダメージの大きい金額ですよね。。。

なので「1年に数回だけヨガを楽しみたい」「とりあえず1回試してみたい」など頻度が低いケースには都度払いが最もコスパ良く楽しめるかと思います。

  • 1レッスンあたりの価格は最も高い
  • 相場は3,000円~5,000円/回
  • 頻度の低い場合におすすめの支払い方法

2.チケット制(回数券)

多くのヨガスタジオでは1ヶ月間に何回受けれるといったチケット制や、10枚綴りの回数券でいくらといった支払い方法の選択が可能です。

チケット制を採用しているヨガスタジオは大体2回・4回・8回など区切りのいい数字でひと月あたりの回数を決めているところや、10回分を冊子にして回数券を販売しているところも多くあります。

1回あたりのレッスン代金の相場は2,000円~2,500円程度なので、都度払いよりは安く済みます。

ヨガをはじめたいけれども仕事のスケジュールが読めない場合や、週1回程度しか通えないケースなどに最適の支払い方法です。

  • まとめ買いで都度払いより少しお得
  • 相場は2,000円~2,500円/回
  • 週1程度やスケジュールが読めない場合におすすめ

3.フリープラン(受け放題)

ヨガのレッスンをフリープラン(受け放題)で受ける場合、月額料金は最も高額になります。

ただ、受ける回数が多ければ多いほど、1回あたりの金額は下がっていく仕組みなので、たくさんヨガのクラスを楽しみたいという方には受け放題のフリープランを選択するのがおすすめです。

フリープランの月謝は大手スタジオか個人運営かによっても異なりますが相場は9,000円~13,000円ぐらいになっています。

注意したいのはヨガスタジオには雰囲気というものがあるので、それが自分には合わないケースもあります。なので、個人的には最初からフリープランで頑張るよりもまずはチケット制で何ヶ月か試してみてどの程度頻繁に通えそうか、また雰囲気は自分に合っているかなどを見定めてからレッスン無制限プランに変更するのがベターだと思いますね。

  • 月額料金は最も高額で9,000円~13,000円が相場
  • 1レッスンあたりの金額は受講回数が多いほどお得に
  • 最初からフリープランを選択するよりもチケット制から試すのがおすすめ
スポンサーリンク

ヨガスタジオの価格相場、平均はどのくらい?

料金体系

今回、参考までに私が住んでいる東京都練馬区のヨガスタジオの料金相場を調べてみました。

Google検索は便利なもので「ヨガスタジオ」と検索すると自宅から近い店舗を上位表示してくれるんですよね、世の中便利になったものです。

という事で、今回ヨガの料金比較に選んだのは下記の3つ。

  1. ソエル(オンラインヨガ)
  2. オルル(比較的小規模のスタジオ)
  3. スタジオヨギー(全国チェーン)

オンラインヨガはスタジオではありませんが、料金が比較的安いという事で候補に入れてみました。(自宅で画面を通してヨガのライブレッスンを受ける形式です。)

受講形態料金特徴
ソエルオンラインヨガ月2回:980円
月5回:2,980円~
受け放題:5,980円~(1日2レッスンまで)
体験レッスン:無料
プラン変更:毎月可
未消化チケット:2か月繰り越しOK
オルルヨガスタジオ月2回:5,000円
月4回:8,000円
受け放題:15,000円(1日1レッスンまで)
体験レッスン:1,000円
プラン変更:毎月可
未消化チケット:翌月まで繰り越しOK
スタジオヨギー

(池袋店)

ヨガスタジオ月4回:8,000円
月6回:9,500円
受け放題:13,000円
体験レッスン:無料
プラン変更:不明
未消化レッスン:不明
その他:全国の店舗で受講できるプランもあり

オンラインヨガは断トツで安いですね。ヨガの料金が高い理由の一つである設備費がいらないことが一番の理由だと思います。私も実際に体験したのですが、格安で移動がいらないのは子育て中の主婦にとってはかなり魅力です。(参考:ソエル(オンラインヨガ)の料金は高い?コスパを徹底検証!)

次にヨガスタジオのオルルとスタジオヨギーの料金についですが、月4回チケットの価格はいずれも8,000円と同一でした。これを1回あたりの金額に計算しなおすと2,000円なので、丁度相場くらいと言った印象です。

フリープラン(通い放題)については、スタジオヨギーが13,000円/月、オルルが15,000円/月といずれも相場くらいか若干高めといった感じです。練馬区は庶民の街ですが腐っても都内ということで、比較的料金が全国の相場よりも高いのかもしれません。

スポンサーリンク

ヨガの月額料金を安く抑えるコツ

無料体験せっかくヨガを始めるならば、なるべく費用は安く抑えたいもの。

ヨガの料金を安く抑える3つのコツは以下の通り。

  1. 体験レッスンや入会金無料キャンペーンを活用
  2. 無理してフリープラン(受け放題)にしない
  3. オンラインヨガも検討する

それでは、一つ一つみていきたいと思います。

体験レッスンや入会金無料キャンペーンを活用

ヨガスタジオに入会する前に体験レッスンを受けるのが断然おすすめです。

無料で実施しているところも多く、体験レッスン後に入会すると入会金が無料になったり、何ヶ月か格安で受け放題になるキャンペーンが適用される可能性もあります。

せっかく入会して続けるのならば、是非体験レッスンやお得なキャンペーンを利用してみてくださいね。

無理してフリープラン(受け放題)にしない

フリープランのあるヨガスタジオだと、沢山通えば1回あたりの金額が安くなるので受け放題の方がお得な気がしてしまう方も多いのではないのでしょうか。

でも、受け放題プランにして仕事が忙しかったりなどの事情で数回しか行けないようなケースになった場合、チケット制の料金設定よりも損をしてしまう可能性が高くなります。

フリープランを試す前に、まずはチケット制でどの程度通えるかを生活リズムと照らし合わせてみて「やっぱりもう少し通いたい」と思ったならば、フリープランにするというくらいの方が損なく結果余計な費用が掛からずに済むはずです。

オンラインヨガも検討する

オンラインヨガの料金相場はヨガスタジオの約半額です。

私もヨガを始めようと色々調べてみたのですが、小さな子供が2人いるため託児付きのスタジオが近くになく一旦は諦めていました。そんな時にスマホを見ているとオンラインヨガの広告が出てきたんです。(広告はその人の興味ありそうなものが配信されるので、ヨガを検索しまくっていた影響だと思いますw)

「オンラインヨガ???」と始めは一体どんなサービスなのかすらわかりませんでしたが、自宅で好きな時に気軽にPCの画面を通してライブレッスンが受けれるスタイルが私の現在のライフスタイルにはとても合っていました。

近くにヨガスタジオがないという方は、オンラインヨガを検討してみてはいかがでしょうか?

参考記事1:オンラインヨガ比較7選!自分に合ったサービスを選ぶポイントは?
参考記事2:オンラインヨガおすすめランキングBEST5【最新版】レッスン無制限&動画見放題のサービスも

スポンサーリンク

【まとめ】ヨガの料金が高い理由&安く収める方法

ヨガの料金が高いと感じている方は、今回ご紹介した費用を抑えるコツ3つを是非検討してみてくださいね♪

 

 

 

ママの悩み
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました