トーマスランドの料金やチケットの割引クーポンは?2歳児と遊んでかかった金額も公開!

旅行・おでかけ

小さな子供たちに大人気のトーマスランド。富士急ハイランドの料金が新体系になって入園無料になった事もあり、あまりお金のことを気にせず行けるようになりましたね。

とは言えども、子連れ旅行って本当にお金がかかる。万札に本当に羽が生えてるんじゃって思うほど、財布の中身は旅行が終わるころにはすっからかんですw

入園無料にはなったとはいえ、少しでもお得にトーマスランドを楽しみたい!と思う方も多いのではないのでしょうか?

そこで今回の記事ではトーマスランドの料金やチケットの割引クーポンは?2歳児と遊んでかかった金額も公開!と題して気になる疑問を解決していきたいと思います!

スポンサーリンク

トーマスランドの新料金体系や年齢区分について

2018年7月14日から富士急ハイランドの入園料が無料化し、トーマスランドもその影響を受け料金体系や年齢区分が変更になりました。

子供の年齢によっては、今までよりも損をしてしまう可能性もある今回の料金見直しのポイントは大きくわけて3つ。

  1. トーマスランドパスの廃止
  2. アトラクション料金の値上げ
  3. アトラクション利用料は1歳から有料に

我が家は0歳児を抱えてトーマスランドに今回行ってきたのですが、既に長男は10ヶ月のため無料期間はあと2か月しかない!と思わずガッカリしてしまいそうな内容です。

それでは順番にチェックしていきますね。

トーマスランドパスの廃止

トーマスランドパスとは、トーマスランドのアトラクション+富士急ハイランドの乳幼児向け乗り物が乗り放題であったフリーパスのこと。

小さな子供を連れてトーマスランドも富士急ハイランドも楽しみたいという方には、とても人気のあったフリーパスでした。

しかし、それも昨年でまさかの廃止…。ネット上には惜しむ声が続出しました。

気になる旧料金体系と新料金体系を表で比較してみます。

大人(18歳以上) 中人(中高生) 小人(小学生) 幼児(3歳以上~小学生未満) 幼児(1歳以上~3歳未満)
トーマスランドパス 3,900円 3,900円 3,300円 2,900円 無料
フリーパス 6,200円 5,700円 4,500円 2,100円 2,100円
差額 +2,300円 +1,800円 +1,200円 -800円 +2,100円

(※上記の表は2019年9月9日現在の情報です。)

今回の料金体系の変更で、ほとんどの年齢で差額がプラスになってしまいます。

もちろん、富士急ハイランドの乗り物をすべて楽しめればそれでもいいのかもしれませんが、通常小さな子供を持つファミリーは乗れるアトラクションが限られてきてしまいます。

なので回り方やチケットの買い方によってはかなりコスパが悪い事になっていますね。

ただ、3歳以上小学生未満の幼児フリーパスは差額がマイナスになって、新料金体系の方がトーマスランドも富士急ハイランドもお得に楽しめることがわかりました!

我が家は長女が現在2歳8ヶ月でもうすぐ3歳になるのでお得、一方0歳10ヶ月の長男はもうすぐ課金される(言い方悪いですねw)ので、正直得なのか損なのかは複雑な心境です。

アトラクション料金の値上げ

入園料が無料になったのは気軽に来れるようになり嬉しい!と思った半面、トーマスランドはアトラクション料金をなんと約2倍まで値上げする強気の挑戦をしてきたではありませんか。

トーマスランドの新料金体系をご覧ください!

旧料金 新料金
トーマスとパーシーのわくわくライド 300円 500円
トーマスのパーティパレード 300円 500円
トーマスのドキドキプレイグラウンド 300円 500円
立体迷路トーマス・サーカス 200円 400円
ロックンロールダンカン 200円 400円
みんなでツイスト 200円 400円
いたずらクランキー 200円 400円
GO!GO!バルストロード 200円 400円
うきうきクルーズ 200円 400円
トーマスのハッピースマイル 200円 400円
ホッピング ウィンストン 200円 400円

入園無料ってうかつに喜んではいけないレベルの値上げですね!

タダより怖いものはないってこの表作りながら思いました(^^;)

ただ、逆に考えるのであれば今までギリギリの価格で運営を頑張られてとも思います。なので仕方がないと言えば仕方がないし、残念と言えば残念。

いちばん悲しいのは、娘が大好きなトーマスランドがなくなってしまうことなので、存続のためなのであれば料金の値上げは受け入れる覚悟で我が家はいます!

そして後に続く長男もトーマスランドを早く楽しませてあげたい。(今回は暑さのため主にレストラン待機)

アトラクション利用料は1歳から有料に

最も大きかった変更はこの年齢区分の変更だと思います。

今まで3歳未満の子供は料金がかからず付き添う大人のみフリーパスまたは都度チケットの購入でアトラクションを楽しめたのに、今回の変更で1歳以上の幼児は親子ともに料金がかかるようになってしまったのです。

なので年齢区分が変わる前は2歳児までかなりお得に楽しめたのが、1歳児も料金がかかるようになり1歳児・2歳児がいる家庭のお財布には少し負担が大きくなる結果に。

まあ、1歳になれば歩ける子も多くある程度の環境の理解も進むのでアトラクションを楽しめますし、屋内遊園地なども1歳以上から有料になるところも多いので料金を支払うべきと言われたらそうなのかもしれませんが…やっぱり残念ですよね。

唯一無料で利用できるのは0歳児。トーマスランドには赤ちゃんでも利用できるアトラクションもあるので、是非誕生日を迎える直前に行くのがおススメですよ♪

スポンサーリンク

どんなチケットの購入方法がコスパ良い?

今回の料金体系の変更で一番気になる点は、結局どうすれば最も安く家族みんなで楽しめるか、という点だと思います。

1歳以上の子供に関してはトーマスランドのアトラクションが1個当たり最低400円~となるので、5個以上の乗り物に乗るならばフリーパスを購入するのがお得です。

そして、問題なのは大人。富士急ハイランドは入場の際にハイテクな顔認証システムを採用しているため、付き添いで大人用のフリーパスを1つ購入して使いまわす…と言ったようなズルは出来ませんので絶対にやめましょう。

大人がトーマスランドのみでもとを取ろうと思うと、

全て500円のアトラクションに乗る場合
6200円÷500=12.4
全て400円のアトラクションに乗る場合
6200円÷400=15.5

つまり13回~16回以上乗らないとフリーパスでは元がとれない計算になります。これは現実的にはかなり厳しいですよね。

なので3歳未満の子供を連れて最もお得にトーマスランドを楽しむには、

1歳以上の子供はフリーパスを購入
大人は付き添いの都度チケットを購入

が正解だと個人的には思います。

2歳児&0歳児で実際にかかった金額はいくら?

「新しい料金体系はわかったけど、結局いくらかかるの」って思われる方が多いと思います。

そこで、我が家が2歳児&0歳児連れでトーマスランドに行き、大人は付き添いでチケットを都度購入、子供はフリーパスで実際にかかった金額をレポートしたいと思います。

因みに我が家がトーマスランドに行ったのは9月の平日なので、混雑はそれほどひどくなく、一番並んだアトラクションでも20分待ち程。滞在時間10:00~14:30の4時間半で、乗ったアトラクション全部で5つでした。

☆トーマスランドの混雑についてはコチラの記事も☆

以下、乗った乗り物とかかったお金を表にしています。

付き添い料金
トーマスとパーシーのわくわくライド 500円
ホッピングウィンストン 400円
トーマスのハッピースマイル 400円
みんなでツイスト 400円
トーマスの宝探し大冒険 500円

行った当日は9月の平日にも関わらず真夏日で最高気温も32℃と0歳児には辛い環境だった為、パパorママのいずれかがレストランにベビーと待機、そうでない方が2歳長女とアトラクションの付き添いという形をとりました。

なのでかかった付き添い料金は各1名分なので、都度利用チケットの合計金額は2200円。2歳長女はフリーパスを購入したので2100円

合計4300円

…?!

意外に安いんじゃないでしょうか?遊園地で家族4人で半日遊んで5000円でおつりがくるなんてコスパ十分だと思ってしまいます。

私達は帰りの電車があったので5時間弱の滞在でしたが、丸一日いたりアトラクションにもっと乗り10回以上乗るなどしたらそれなりの金額がかかるかもしれません。

が、2歳児はとにかく気が散る生き物(^^;)スムーズに次のアトラクションに誘導するのも一苦労で、お土産屋さんのおもちゃで遊びだしたり水遊びを始めたり、せいぜい5~6個の乗り物を楽しむのが限界かなぁというのが個人的な感想です。

乗る回数を無理やりこなそうと思うのであれば人気がなく待たないアトラクションに連続して乗るのも手ですが、大人の付き添いが基本必要かつ有料なのでそこまでせずに本当に乗りたい乗り物だけ楽しむのが一番なんじゃないかと思います。

スポンサーリンク

トーマスランドのチケットを割引で購入する方法は?

トーマスランドでは子供のフリーパスがほぼ必須。大人も子供の年齢や滞在時間によってはフリーパスを購入した方がよいケースもありますよね。という事で、最安値チケットを入手する方法が気になるところですよね。

そこで、トーマスランド(富士急ハイランド)のフリーパスをお得に購入する方法を紹介していきたいと思います!

トーマスランドのチケットを割引購入する方法①富士急ハイランド公式サイトで前売り券を購入

最も確実で手間のかからない方法は、富士急ハイランドの公式サイトで前売りチケットを購入する方法です。

通常料金 割引料金 割引金額
大人(18歳以上) 6,200円 5,800円 400円
中人(中高生) 5,700円 5,300円 400円
小人(小学生) 4,500円 4,200円 300円
シニア(65歳以上) 2,100円 2,000円 100円
幼児(1歳~5歳) 2,100円 2,000円 100円

年齢区分にもよりますが、100円~400円/人の割引を受けることが出来ます。家族の人数にもよりますが、手軽に出来て少しでも安いならやらない手はありませんね!

トーマスランドのチケットを割引購入する方法②コンビニ前売り券を購入

富士急ハイランド公式サイトで前売り券を買うのにいちいち登録するのが面倒…というズボラな方には、コンビニでも前売りチケットを購入する事ができます!

通常料金 割引料金 割引金額
大人(18歳以上) 6,200円 6,000円 200円
中人(中高生) 5,700円 5,500円 200円
小人(小学生) 4,500円 4,300円 300円
シニア(65歳以上) 2,100円 2,000円 100円
幼児(1歳~5歳) 2,100円 2,000円 100円

割引される金額は100円~200円/人と富士急ハイランド公式サイトの前売り券よりは小さくなりますが、子供の分だけフリーパスを購入していきたい!という場合などには、子供の割引額は変わらないのでコンビニの方が手軽でおすすめですね♪

対象となるコンビニは、セブンイレブン・ローソン・ファミマの3種類です。うっかり買い忘れたなんて場合も当日富士急へいく間に1軒くらいはコンビニがあると思うので、時間があれば寄ってみてください。

トーマスランドのチケットを割引購入する方法③金券ショップ

富士急ハイランドに限らずレジャー施設の割引チケットを入手するのにかかせないのは、やっぱり金券ショップ

割引額も未知数ですし店舗も地域などんいよって限られてはきますが、職場の近くなどターミナル駅にはあることが多いので、お仕事帰りにでも金券ショップを除いてみるのはいかがでしょうか?

運よく見つかったらすぐ買える手軽さが魅力です♪

トーマスランドのチケットを割引購入する方法④エポスカード

クレカの優待制度、意外に持っていても把握していない方って多いですよね。優待サービスは地味に家計に効いてくるので、是非この機会に検討するのがおすすめです!

エポスカードでは富士急ハイランドのフリーパスを割引で購入することが出来ます。

通常料金 割引料金 割引金額
大人(18歳以上) 6,200円 6,000円 200円
中人(中高生) 5,700円 5,500円 200円
小人(小学生) 4,500円 4,300円 300円
シニア(65歳以上) 2,100円 2,000円 100円
幼児(1歳~5歳) 2,100円 2,000円 100円

割引金額は100円~200円/人とそれほど大きくありませんが、チケット購入時に窓口でスマホの優待画面を見せるだけでOKなのでとても楽チンです♪

また、エポスカードは富士急ハイランド以外にも全国10,000店舗以上で割引等の優待サービスを受ける事が可能。そして、入会金・年会費は無料です!

今後も家族で色々なレジャーを予定しているなら、1枚持っておいて損はないカードだと個人的には思います。

エポスカードの詳細をチェック

トーマスランドのチケットを割引購入する方法⑤dエンジョイパス

有名な割引サービス、ドコモのdエンジョイパスでも富士急ハイランドの割引クーポンを入手する事が出来ます。

dエンジョイパスとは、多くのレジャー施設で利用可能な割引サービスで初回31日間無料、2ヶ月目から月額500円で利用する事が出来ます。

え?月額料金がかかるの?と思われがちですが、各種レジャー施設を500円で体験できるワンコインキャンペーンを実施中なので、ちょっと利用するだけですぐ元が取れるお得なサービスなんです。しかもいつでも解約は可能!

私も近所にあるスーパー銭湯の庭の湯が2000円以上入場料取られるのですが、このdエンジョイパスの体験キャンペーンで500円で楽しむことが出来ました♪

富士急ハイランドのフリーパス割引金額は、

通常料金 割引料金 割引金額
大人(18歳以上) 6,200円 6,000円 200円
中人(中高生) 5,700円 5,500円 200円
小人(小学生) 4,500円 4,300円 300円
シニア(65歳以上) 2,100円 2,000円 100円
幼児(1歳~5歳) 2,100円 2,000円 100円

と100円~200円/人となっています。

大人2人+子供2人で月額料金は元が取れてしまいます。なので、月1回以上お出かけするなどレジャーが多いファミリーにはおすすめですよ!

dエンジョイパスの詳細をチェック

トーマスランドのチケットを割引購入する方法⑦JAF会員証の提示

富士急ハイランドに行かれる方で子連れとなると、車で行かれる方も多いですよね。JAF会員の方も結構多いのではないのでしょうか?

富士急ハイランドではJAFの会員証の提示で、5名まで割引優待サービスを受ける事が出来ます。

通常料金 割引料金 割引金額
大人(18歳以上) 6,200円 6,000円 200円
中人(中高生) 5,700円 5,500円 200円
小人(小学生) 4,500円 4,300円 300円
シニア(65歳以上) 2,100円 2,000円 100円
幼児(1歳~5歳) 2,100円 2,000円 100円

購入時に提示するだけでいいので手軽なのがメリット。是非マイカーで行かれる方でJAF会員の方は、会員証の持参を忘れずに!

スポンサーリンク

トーマスランドの料金やチケットの割引クーポンまとめ

新料金体系になって少々わかりずらくなってしまったトーマスランド。

でもフリーパスを割引でお得にGETして家族みんなで楽しめるといいですね!

☆トーマスランドの限定お土産も紹介しています☆

 

旅行・おでかけ
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました