産後体重が減らないのは混合育児が原因?対処法&おすすめの運動も紹介!

産後体重が減らないのは、混合育児が原因?

産後ダイエットで痩せやすいのは、やっぱり完母育児をしている人だと思われがちですよね。でも、混合育児のママだって、ポイントさえ押さえていれば体重を減らすことは十分可能です。

今回の記事では、産後体重が減らない原因(混合育児の場合)と、対処法となるおすすめのエクササイズについてご紹介したいと思います。

こんな人におすすめ
  • 産後体重が減らないのは混合育児が原因だと思っている
  • 混合育児でも出来る産後ダイエットのコツが知りたい
  • 自分に合ったエクササイズをコツコツ続けたい

結論としては、産後で体重が減らない根本的な原因は、混合育児のみにあるわけではありません。なぜ痩せないのか、チェックしていきましょう!

スポンサーリンク

産後体重が減らないのは混合育児が原因?

混合育児

産後体重が順調に減らないと、つい混合育児のせいにしがちですが根本的な原因は他にあります。例えば、以下の4つです。

  1. 骨盤の開き&歪み
  2. 基礎代謝が下がった
  3. 不安定なホルモンバランス
  4. 運動が不足している

一つ一つ順を追って説明していきますね。

骨盤の開き&歪み

骨盤矯正

産後体重が順調に減らない原因は、混合育児そのものではなく骨盤の開き&歪みにあるかもしれません。

胎児を安全に体の外に出すために、妊娠中のママの体にはリラキシンという妊娠ホルモンが働き、全身の靭帯や骨盤を緩める働きを担います。

このリラキシンの作用により出産後の骨盤は緩み開きやすくなっており、体内の臓器を守るため皮下脂肪をつけより痩せにくく太りやすい体質になっているのです。

混合育児を実践するママの中には、

  • 食事制限をしているのに体重が減らない
  • 適度な運動を心がけているのに引き締まらない
  • 母乳の割合が高いのに痩せない

こんな悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。少し視点を変えてみると、体重が減らない原因は骨盤の開きや歪みにあるかもしれませんよ。

骨盤が必要以上に開いていたり歪んでいると、エクササイズやストレッチをしても期待する効果が得られないケースも多くあります。

なので、骨盤を正しい位置に矯正することで基礎代謝を上げ、正しい効果を狙いスムーズに産後ダイエットに取り組んでいく必要があります。

基礎代謝が下がった

基礎代謝

産後体重が減らない原因は混合育児にあるわけではなく、基礎代謝が下がったことにあるかもしれません。

基礎代謝とは運動を何もしなくても日常的に消費されるエネルギーの事で、一般的に筋肉量が多い人ほど高く、筋肉が少ない人ほど低いと言われています。

なぜ出産すると基礎代謝が下がるのかと言えば、お腹の赤ちゃんを守るために妊娠中は強度の高い運動が出来ず安静の状況が増えるため、筋肉量が減り脂肪が増えるからです。

基礎代謝が低下するとエネルギーの消費が難しく痩せにくい体質になってしまうため、産後に体重をうまく減らしていくには基礎代謝を高くする(=筋肉量を増やす)必要が出てくるのです。

不安定なホルモンバランス

女性ホルモン

産後体重が減らない原因は混合育児そのものではなく、不安定なホルモンバランスにあるケースも多いです。

お腹の赤ちゃんを守るため&産後の母乳に備えて妊娠中はお腹を含めた全身に脂肪がつきがちです。この脂肪は、女性にしかないホルモンの働きによるものであり、ママにとっては防ぎようのないことなのです。

さらに産後は慣れない育児の心理的ストレスにより、ホルモンバランスが不安定になりやすいとされています。

不安定なホルモンバランスがどのような事態を招くかと言うと、

  • ストレス過剰で食べ過ぎになりがち
  • 基礎代謝の低下により脂肪を貯めやすい体質に

など、体重が減りにくい要因が次々に出てきます。

混合育児とは言え母乳もあげているママはその影響で痩せやすいと思われる方も多そうですが、ホルモンバランスによる影響って実は結構あるんです。

女性特有のホルモンと言われても実態がないのであまりピンとこない方もいるかと思いますが、産後ダイエットを成功させる上ではその存在とうまく付き合っていくことがとても大切です。

運動が不足している

筋トレ産後体重がうまく減らない原因は、混合育児ではなく運動が不足している可能性も高いです。

と言っても、赤ちゃんを産んで翌日から運動するとかそういうわけではなく、最低でも産後1ヶ月程度は安静にして心身の回復に努めるべきです。(出産は、全治一ヶ月の大けがと言われてますからね^^;)

ただ、それ以降は妊娠以前の筋力や体力に戻し日常生活を送るために、少しづつ軽度な運動を取り入れていくべきとされています。

頭ではわかっていても育児で精いっぱい…なんてこともありますよね。子供のお世話をしているだけで夕方にはエネルギーが切れて、そこにさらに運動なんてハードルが高すぎというママも多いのでは?

私自身も想像以上に過酷な2歳差育児で精神的&体力的に辛く、自分のために何かしようと思えたのは長男が自力である程度動けるようになった生後8ヶ月の頃でした。

生後半年までは完母、以降は混合育児をしていましたが完全な運動不足により案の定リバウンド…。

ただ、リバウンドしたのは私の中で「運動=30分のウォーキング」など、高すぎる目標を設定してしまっていたから行動できなかったにすぎません。

「1日5分寝る前にストレッチ」「料理を作る前に3回スクワット」など、本当にスモールステップの積み重ねが産後の運動には適しています。どんなに小さなことでも続けることで着実に筋力はつき、長い目で見ると痩せやすい体質になっていくんです。

スポンサーリンク

妊娠中に太りやすいのはなぜ?

妊娠中・妊婦さん

「妊娠中に太らなければ産後ダイエットなんていらないのに…」そんな考えも浮かびそうですが、実は妊娠期間の体重増加はホルモンバランスが原因なので避けられないんです。

妊娠前の体型にもよりますが、一般的に妊娠期間の体重増加は8㎏がベストと言われています。

その内訳は、胎児…3㎏、血液…2㎏、子宮…1㎏、脂肪…1㎏、胎盤…500g、となっています。

ベストの増加量でも、脂肪は1㎏も増えているんです!

みーな
みーな

私は二人とも約10㎏の増加でした

妊娠期間には胎盤からヒト胎盤性ラクトゲンという成長ホルモンが分泌すし、体内に脂肪を貯めこむ働きをになっています。この影響で通常は燃焼される脂肪も体に取り込まれてしまうのです。

脂肪を減少させ筋肉量を増加させることは産後ダイエットにおいて基本中の基本ですが、妊娠中に増えた脂肪分によりなかなか痩せないと悩むママも多くいます。

特に妊娠中に8㎏を大幅に超えて体重を増加させたママは要注意!妊婦さんの体重増加は脂肪分以外は基本そこまで変わらないので、増加した体重と8㎏との差分は脂肪の可能性が高いのでより痩せにくいと覚悟しましょう。

スポンサーリンク

出産自体ではそれほど体重が減らない?!

びっくり

私が出産して最も驚いたのは、赤ちゃんを産んだ直前と直後の体重の差が3㎏くらいしかなかった事です。

出産しても意外に体重が減らない…と驚いたママも多かったのでは?

出産したらある程度一気に体重が減ると期待しがちですが、赤ちゃんを産んでも良くて胎児分くらいしか痩せないので、いきなり元の体型に戻るということはありません。

妊娠中に増加した体重8㎏の内訳である脂肪分や胎盤、血液などの分は産後何ヶ月もかけてゆっくり減っていくと認識しておきましょう。

減り方はママの過ごし方次第ですよ!
スポンサーリンク

混合育児で体重が減りやすいのはいつまで?

鏡で体型チェック

混合育児に限らず、体重が減りやすいのは産後3ヶ月~半年の間だと言われています。

なので、より早く体型や体重を妊娠前の状態に戻したい場合は6ヶ月が勝負と思った方がよいですが、産後ダイエットは自分のペースでいつ始めても基本的にはOKです。

一点注意したいのは、体重を戻すのにベストな時期と骨盤を正すのに向く時期はことなります。

出産後1~2か月は股関節が柔軟なため骨盤を正しい位置に戻しやすいとされているので、スムーズに産後ダイエットをスタートしたい場合はまずは骨盤矯正ストレッチだけでも優先して取り組んでいきましょう♪

ベストな時期
  • 体重を減らす…産後3ヶ月~6ヶ月
  • 骨盤を正す…産後1~2ヶ月
スポンサーリンク

産後の体型戻しにおすすめのエクササイズ

産後体型が戻らない

では、混合育児のママの産後ダイエットにおすすめなエクササイズ3選をご紹介したいと思います♪

産後ヨガ

ヨガの効果

産後ヨガはポーズが腹筋を鍛えるものが多く取り入れられるので、産後ダイエットにおすすめです。

全身の筋肉の中でも腹筋の筋肉量は多く、鍛えると基礎代謝が向上します。産後ママは特に妊娠中に腹筋が失われているので、そこを中心に取り組んでいくとより効果的なのでヨガが人気なんです。

ヨガのポーズは無限の様にあるためその日の気分や体調に合ったメニューを無理せず取り組むことが出来、長期的に続けて行きやすい事がおすすめする理由でもあります。

「ヨガスタジオに赤ちゃんと一緒に通えない…」という方でも、最近ではオンラインヨガも充実しているので、自宅に居ながら初心者でも正しいポーズをインストラクターの直接指導の下で身に着けることが可能です。

赤ちゃんと一緒にも楽しめる産後ヨガ

産後ヨガがエクササイズとしておすすめなもう一つの理由は、赤ちゃんと一緒に楽しめることにあります。

遊びや寝かしつけなどの際に出来るポーズも多く、子供との生活に違和感なくスムーズに取り組めるという利点もあります。

私自身も1歳の長男を自宅保育中の身ですが、一緒に家でオンラインヨガのレッスンを受けたりしています。ヨガスタジオより半額以上も安く、キャンペーンを利用すればお得に習い事感覚で楽しめますよ♪

骨盤矯正ストレッチ

ストレッチ

混合・完ミ・完母育児にかかわらず、産後ダイエットには骨盤矯正ストレッチを取り入れて行きましょう。

先ほどもお伝えしましたが、骨盤が正しい位置に戻らないと脂肪を貯めこんだりと痩せにくく太りにくい体質のままとなり、運動を頑張っても効果が半減してしまいます。

運動系のメニューと並行して骨盤矯正に取り組み、相乗効果で基礎代謝をUPさせていきましょう!

フラフープ

フラフープ

意外に産後ダイエットにおすすめなのが、フラフープ

輪っか一つ用意するだけでスペースもいらず、ゲーム感覚で腹筋やインナーマッスルを鍛える事が可能です。

回し方により様々な部位の筋肉を鍛える事も出来るので、Youtubeなどの動画を見てみるのも楽しいですよ♪

上の子(幼稚園児以上くらい)がいる場合は回数バトルをしたり遊び感覚で楽しめば続けやすいとも思います。

みーな
みーな

案外、子供の方がハマっちゃったりしてw

スポンサーリンク

【まとめ】混合育児で体重を減らすには要対策

混合育児でも母乳をあげていれば自然と体重が減ると期待しているママも多いかと思いますが、それは日ごろから無意識に運動を生活に取り入れられている一部のママのみだと思います。

骨盤矯正+軽度の運動をコツコツ続けて、妊娠前の美ボディ目指して産後ダイエットを頑張っていきましょう!

参考記事:オンラインフィットネス比較7選【最新版】自分に合ったサービスの選び方とポイントは?

ママの悩み
スポンサーリンク
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました