青汁は子供の便秘に効果あり?野菜嫌い対策と栄養不足解消で一石三鳥!

出産・子育て

青汁って子供の便秘に効果があるの?

うーんうーんと頑張ってうんちをしようとしている子供の姿って、可愛くもあるけどやっぱり辛そうだなって思う時ありませんか?

特にまだ言葉が喋れない時期だったりすると便秘でどれくらいお腹が痛いのかも分からないし、辛そうな顔を見ているだけで親として何かしてあげることはないかなと考えてしまいます

我が家はもうすぐ3歳の長女ともうすぐ一歳の長男も二人姉弟なのですが、上の長女の方がトイトレの真っ最中ということもありうんちがなかなか出ない時はすごく苦労しています

お腹が痛いと言ってトイレに駆け込んでもやっぱり出なかったなんてことがすごく多くて何とかしてあげたいなと思っていました

そしてその解決法がついに見つかったんです

結論から言うと青汁が子供の便秘にとても効果がありました

するするっと出ると長女もすっきり嬉しそうで見ているこっちも楽しくなってきます(^^*)

そこで今回の記事では青汁が子供の便秘に与える効果についてご紹介していきたいと思います!

子供だけではなく家族みんなの便秘や野菜不足解消に効果的なので、青汁は興味あるけどまだ子供には飲ませたことない…便秘が一日でも早く改善してほしいというママやパパの参考になれば嬉しいです♪

♪子供にも飲みやすい青汁がお得♪

青汁で子供の便秘を解消!ウンチが出ない原因は?

子供が便秘になる原因の一つとして排便時の力が弱いことが挙げられます。

赤ちゃんは生まれた時から自分で排便する力を持っていますがそ、れが十分機能しないということも小さいうちはよくあることです。

本人は頑張っていたとしてもやはりうんちをするのにそこまで強い力を入れるということをわからないということも多く、便秘になってしまうケースが多いんですよね。

そして子供には便秘を起こしやすいタイミングというものが存在します。

それは…

  • 離乳食をはじめたときや形状を変更した時
  • トイレトレーニングを始めて自分で排便するようになった時
  • 保育園や幼稚園小学校などでうんちを我慢することが増えた時

など、周囲の環境が変化するこのような時期に子供が便秘になる傾向が多く見られます。

もちろん水分不足野菜不足による繊維が足りていないなどの原因もありますが、子供にとってはストレスというのも便秘の大きな要因のひとつになるんですよね。

そしてこのようなことが原因となり硬い便になってしまうと、強く力んでしまい肛門が切れてしまうと言うことも起きてきます。これはかなり痛いんですよね…私もよくあります(^^;)

そして子供はうんちが痛いと一度思い始めてしまったら、便意を感じても我慢をするということを始めてしまいます。

そうすると体の中に残った便の水分を長が吸収してしまい、ますます時間の経過とともに便が硬くなってしまいさらにひどい便秘を招く…という悪循環を起こしてしまうのです。

さらにこの便秘が長引くとうんちがずっと直腸に滞留していることになるので、腸の感覚が鈍くなり排便する力がどんどん弱くなっていてしまうんですよね。

また子供にとって怖いのは過敏性腸症候群です。

いわゆるストレスからくる便秘や尿意が主な症状で、保育園や幼稚園小学校など集団生活に入ったタイミングでのストレスなどで自律神経が見られることにより発症するケースが非常に多いとされています。

大人でも仕事や人付き合いなど環境が変わるとストレスは避けられませんし子供にとっての環境の変化はその何倍も大きいはず。

「便秘なんて単にうんちが出ないだけじゃん!そのうち出るよ」

なんて軽く考えているママやパパもいるかもしれませんが、どんどん子供は辛い目に遭ってしまうんですよね。なのできちんと対策が必要になってきます。

青汁で子供の便秘を解消!その理由は?

青汁は子供の便秘に効果がある理由は、その豊富な食物繊維にあります。

「まずいもう一杯」

というキューサイの青汁のCMはもはや伝説になっているほど有名で、青汁と言えば大人が野菜不足健康維持のために愛飲してると言うイメージがとても強いですよね。

けれども青汁は 大人だけじゃなく子どもにもとても効果的なのです。

メーカーによっても配合されている野菜は様々ですが、一般的に青汁に含まれているケールや大麦若葉、明日葉などは食物繊維がとても豊富で良好な腸内環境を整えてくれる効果を持ちそれが便秘の解消につながります。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランス良く摂るのがポイント!

便秘といえば食物繊維と思われがちですが実は食物繊維には「水溶性食物繊維」「不溶性食物繊維」の二種類存在するのをご存知でしたでしょうか?

水溶性食物繊維とは名前のとおり水に溶ける性質を持っている食物繊維であり、不溶性食物繊維とはその反対で水に溶けない食物繊維を指します

この二つの食物繊維をバランスよく合わせて摂ることにより

  1. お腹の調子を整える
  2. 糖質の吸収を軽減する
  3. コレステロールを低下させる

といった効果が見込まれます。

水に溶けない不溶性食物繊維は水分を吸収して膨らむため便のかさ増しに役立ち腸を大きく刺激してくれます。

そして乳酸菌やビフィズス菌など体内に良い環境をもたらしてくれる善玉菌の格好の餌となり、おなかの調子を整えてくれるのです。

そして水溶性食物繊維はその形状がネバネバとしているため胃腸内をゆっくりと移動し、糖の吸収を緩やかにして食後の血糖値の急上昇を避けることに有効であるとされています。

そしてその吸着性を生かし腸内にある胆汁を吸収して、排泄がスムーズになるよう手助けしてくれるのです。

このように腸内から健康を維持する栄養素として食物繊維は非常に有効な一方で、日本人は食物繊維の摂取量が目標を届いていないというケースが多いのが現状。

なので、意識して食物繊維をとっていくということが必要なんですよね

そして青汁にはこの水溶性食物繊維と不溶性の食物繊維がバランスよく含まれているのが便秘に効果がある理由です。

青汁はおばあちゃんの知恵袋のような感じで昔から広く親しまれている健康飲料でもあります。

私は元々便秘体質ではなかったのですが、子供が0歳と2歳と非常に小さいこともあり出産をしてからというものなかなかトイレにゆっくりとした時間が取れず、気づいたら水分も十分に取れていなくて産後は便秘に苦しめられることになりました(^^;)

そこで私の母がゴリ押ししてきたのが青汁だったんですね(笑)

私は最初青汁は美味しくないものだと思い込み飲みたくないと拒否していたのですが悠長にそんなことも言っていられない状況に…で、飲んでみるとびっくりするほど便秘に効果があったんですよね。

お母さん、ありがとう!!!

と、声を大にして言いますw

そして飲むのも簡単で、あと最近の青汁って美味しいんですよ。

牛乳なんかに溶かして飲むと抹茶ミルクみたいな味がします。やはり昔はまずいものと言ってそこまで売り上げが伸びなかったんでしょうかね、どんどん飲みやすいように改良されているんだと思います。

大人の便秘には効果のある青汁だけれども、子供にとっても同じように便秘が改善するかについても触れていきたいと思います。

青汁で子供の便秘を解消!本当に効くの?

青汁は子供の便秘に効果があると個人的に思うのですがやはりそこは100%効果が見込めるとは言い切れないとも思います。

 

ダイエット食品などでも絶対に痩せるというのは存在しないですよね?というかそんな商品は怪しくてちょっと買うのも戸惑ってしまいます。。。

 

青汁が子供の便秘に効果的とは言えど、その日のうちに効果がある子もいれば飲み続けて効果が出る子もいるかもしれませんし、愛飲しても便秘が改善されない子もいるかもしれません。

そこはやはり個人差というものはどうしても出てきてしまうかと思います。

 

実際に使ってみてどうなの?という声にお応えするならば、我が家の3歳になる長女の便秘にに関しては大体9割くらいは効き目があるかなといった感じです(^^*)

 

どんな時に子供に青汁を飲ませればいいの?

実際に青汁を子供に飲ませるタイミングですが、我が家の長女は基本的にほぼ毎日排便をすることが多いので、

 

  • 丸1日うんちが出ない時
  • うんちが少ししか出ない時
  • うんちがコロコロとして硬い時

この三つを便秘の兆候として青汁を飲ませる目安にしています 。

(うんちうんちと連発してすみませんお食事の方いたら申し訳ないです)

 

1日くらいうんちが出なくても放っておけばいいんじゃないかなって思うときもあるのですが、やっぱりまだトイトレを始めたばかりということもあり「お腹痛い」と言ってトイレに行っても「うんち出なかった…」と言って悲しそうな顔をして帰ってくることが多く。。。

やっぱりちょっと辛そうかなって思うことが多いんですよね。

 

便秘の薬ならともかく青汁はあくまで健康飲料なので、別に便秘じゃなくても野菜不足や健康維持の為に子供に飲ませてもいいものということで、少しでも便秘の兆候があれば私は子供に飲ませてしまっています。

 

青汁を子供に飲ませるデメリットって特にないと思っているので。

(強いて言えば多少コストがかかるくらいですかね。でも子供の健康を考えれば、コスパは十分にあると思っています)

青汁で子供の便秘を解消!こどもに飲ませても大丈夫?

青汁は子供に飲ませても大丈夫です。

ただの健康飲料なので子供が飲んでも全く問題はないとされています。

ただ子供の味蕾というのは大人の2倍くらい存在すると言われているので味に対しては大人用の青汁をそのまま与えてしまうと飲むのが少しきついかもと思ってしまう子もいるかもしれませんね

最初に苦手意識を与えてしまうと青汁なんて嫌と言われてしまう可能性もあります(^^;)

青汁を子供に飲ませる際にはその子にとっての飲みやすさを追求してあげるのがポイントです。

大人用の青汁を子供にあげたことがありますが、うちの娘はとにかく牛乳が好きなのでミルクにミルクに混ぜたり、バナナも合わせてスムージーにしたいして飲ませていました。

ただそれがめんどくさいこともあり、最近は子供向けに作られた青汁なども愛用しています♪

子供の便秘をはじめ様々な健康効果に青汁は効果的ということもあり、最近は子供用青汁の需要も伸びているようで色々なメーカーが子供向け青汁を開発。

それぞれのメーカーに特徴があるので色々な青汁を試してみて、より自分の子が飲みやすいのを見つけられたらいいかなと思いますね。

青汁で子供の便秘を解消!何歳から飲ませてOK?1歳or2歳?

青汁は何歳の子供から飲んでいいのかについてですが、おおよその目安としては離乳食を完了した一歳半くらいからが良いとされています。

離乳食期にはやはりまだ赤ちゃんは胃腸の環境が整っていないことも多く、あまり新しい食材をどんどんあげることはよくないとされていて青汁に関しても同じことが言えるためです。

また、子供用の青汁の種類によっても飲み始めの年齢が異なったりともするので、市販品を購入する場合は必ず説明書などで対象年齢を確認しましょう!

青汁を始めて子供に飲ませるときの注意点

子供は初めての食材というものにとても敏感で、アレルギーなどが出てしまう可能性も否定はできません。

青汁の主原料である大麦若葉やケールは基本的にアレルギー食材ではありませんが、離乳食を終わって間もない子供や胃腸が弱い子にはまずはスプーン一さじから始める必要があります

この点に関しては離乳食の新しい食材の扱いと青汁も全く同じと考えて良いかと思いますね。

慣れてきたら青汁メーカーが推奨する1日あたりの量まで徐々に増やしていくなど、その子供にあった調節をしながら飲ませてあげることがポイント!

また青汁はたくさん飲めばものすごく効果があるというものではなく、過剰摂取をした場合子供の消化機能に影響を及ぼす場合もあるので、必ず1日当たりの摂取量を守る必要があります。

青汁で子供の便秘を解消!赤ちゃんが飲んでも平気?

青汁はだいたい1歳から飲むことができるとされています。

私が娘と普段飲んでいるこどもフルーツ青汁も「1歳のお子様から美味しくご利用いただけます」と説明書には書いてありますね(^^*)

家のもうすぐ1歳になる息子もそうなもんですが、数日うんちが出ないことって結構あるんですよね。おそらく便秘なのでしょうが機嫌が悪くなったり食欲が落ちたりしてすごく心配になります…。

まだ一歳未満ということもあり青汁はあげていないのですが、綿棒でグリグリして無理やりうんちを出すのは毎回罪悪感があり早く1歳になってくれないかなと思うばかりです。

マッサージや綿棒で出すのはあくまで外部からの刺激で出しているので、根本的な内部の腸内環境は改善されていないんですよね。

なので赤ちゃんにとっても一時的な対処に過ぎず、便秘を繰り返すということになってしまいます。

一歳を過ぎれば青汁は飲めるということになっていますが、そこは離乳食と同様にはじめは少量から様子を見ながら試していくのも大切なポイントですね!

★1歳の息子向けにこどもフルーツ青汁を使ってパンケーキを作ってみました。

青汁にはちみつを混ぜるのは絶対にNG!

基本的に離乳食完了後の一歳半くらいからがお勧めと書きましたが中には1歳からあげるという方もいるかもしれません。

一歳前後の赤ちゃんに青汁をあげる場合に少しでも飲みやすくしてあげたいからといって、ハチミツを混ぜないようにしましょう。

一歳未満の赤ちゃんはまだ十分に腸内環境が整っていないことから、はちみつに含まれるボツリヌス菌がおなかの中で増殖しやすい状況にあるため症状が悪化してしまうケースが多いのです。

一歳を越えた頃から腸内環境は成熟してくるので基本的に蜂蜜をあげても大丈夫とはされていますが、心配ならば無理してあげる必要のない食材なのでしばらくは控えた方が無難かと思いますね。

一歳未満の乳児にはちみつを混ぜて青汁をあげるのはNG!

青汁で子供の便秘を解消!種類を選ぶポイントは?

子供用の青汁に関しても様々なメーカーから市販品が発売されているのでどれを買おうか迷いますよね(^^;)

子供向けの青汁を選ぶときのポイントは、

  1. 主な原料には何が使われているか
  2. 添加物が多く含まれていないか
  3. 子供が飲みやすく続けられる味であるかどうか

大きく分けるとこの三つかと思います。

青汁の主原料は大麦若葉やケールといった緑黄色野菜ですがこれらに対して残留農薬テスト放射性物質検査が行われているかどうか、また子供が飲むものなのでカフェインが検出されていないかなどの項目をチェックしましょう。

次に、保存料着色料無添加かどうか、また人工甘味料ではなくサトウキビなど自然の甘さで作られているかなども気にしておいた方が個人的には良いかと思います(人口甘味料は体にあまり良くないので…)。

そして最後に続けられること

子供が便秘で苦しんでいるのを助けてあげたいという気持ちで青汁を飲ませるわけですから、飲み続けることができないとずっと苦しみから抜け出せないということにはなってしまいますよね。

一度サンプルなどを試してみて親が飲みやすいか、そしてその次に子供に試してみるといいかもしれませんね(^^*)

青汁で子供の便秘を解消!美味しい飲み方は?

子供向け青汁の美味しい飲み方はいろいろありますが、毎日手軽に摂取することを考えるとやっぱり用意に時間がかからないこともママにとっては大切なポイントですよね。

青汁を飲み物と混ぜて飲むのであれば、牛乳や豆乳フルーツジュースなどと混ぜるのが一番簡単で美味しい飲み方かと思います。

また最近は急に気温も下がって寒くなってきたので、温かい牛乳と合わせたホットミルク青汁やココアと混ぜたホットココア青汁なども朝の体を温める習慣としておすすめです♪

他にも色々なアレンジを思いついたら随時追記していきたいと思います(^^*)

青汁で子供の便秘を解消!料理のアレンジは?

子供向けの青汁はジュースや牛乳などの飲み物に混ぜるだけでなく、料理としても摂取することが可能です。熱を加えても青汁の成分に変化はないので色々なバラエティを飛んだを使い方ができるんですよ♪

子供に食べさせるのだとやっぱり一番おすすめなのは、青汁パンケーキ

市販のホットケーキミックスに青汁を混ぜて焼くだけなので、朝食などにもとてもオススメです!子供はパンケーキが大好きなのでパクパク食べてくれますよ。

また簡単に子供のおやつに青汁を取り入れたいという場合にはカナッペもおすすめ。クリームチーズと粉末青汁を混ぜてクラッカーに乗せるだけの、子供もパクパク食べてくれる我が家の定番おやつです♪

粉末青汁は混ぜるだけでなく「かける」というアレンジも料理にできます。

一番簡単なのはバニラアイスクリームに粉末青汁をそのままかけること。抹茶アイスのような味になるので、子供には「抹茶アイスだよ~」とごまかしてもいいかもしれません(笑)

青汁で子供の便秘を解消!おすすめの青汁は?

個人的にお勧めする子供向けの青汁はこどもフルーツ青汁という商品です。我が家では私と娘でその青汁を愛飲しています(^0^*)

最初に買ったのがこの商品だったのですが、娘も気に入り私としても美味しいと思って続けている感じです。

こどもフルーツ青汁のおすすめポイントは、

  1. 原材料へのこだわりや品質管理体制が整っている
  2. 味が3種類あってその日の気分によって変えられる
  3. 定期購入をすると割引される

の三つです。

子供向けの青汁を選ぶポイントを先述しましたが、こどもフルーツ青汁では残留農薬テストで合格し、かつ放射性物質が検出されなかった原材料で製造されています。

またカフェインに関しても含まれていないので、子供にも安心してあげられるのがポイントですね!

そして飲みやすさという点でも、

  • こどもフルーツ青汁ミックスフルーツ味
  • こどもフルーツ青汁赤の恵みまろやかベリーミックス味
  • こどもフルーツ青汁黄色の恵みトロピカルミックス味

といったように子供が好きそうな味で、きちんとラインナップを揃えてくれています。

私はスタンダードのミックスフルーツ味が好きですが、子供はまろやかベリーミックス味が好みのようです♡色が赤いので子供にはジュースに見えるんですかね(^^;)

またこどもフルーツ青汁は定期購入だとお得にゲットできるのも主婦にとってはありがたい要素のひとつ。

定期的に届くということで飲む習慣がつけられるので、子供の健康維持にも役立っています。

青汁の影響かはわかりませんが娘は体格も良く風邪も少なく超健康優良児です♪もうすぐ一歳の息子がちょっと風邪をひく事が多いので、一歳半くらいになったら長男にも青汁をあげてみたいなと思っています。

初回30日返金保証は公式サイトのみ!

出産・子育て
kananakkomをフォローする
すまいく

コメント

タイトルとURLをコピーしました